FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

町本会と本屋会議がテーマのトークイベント、無事に終了となりました

昨日、西荻窪のブックカフェ、beco cafeで開催されたトークイベント「『本屋会議』ができるまで〜「町には本屋さんが必要です会議」の1年を振り返る〜」、無事に終了となりました。


今回のテーマは『本屋会議』。書き手3人のうち、往来堂書店の笈入さんと空犬がそれぞれ相手のパートを読み込んできて、質問をしながら、文章にこめた思いや、書きたかったこと、書けなかったことなどを語り合うというものでした。


笈入さん空犬の2人だけで話をする予定だったんですが、夏葉社島田さんも駆けつけてくれたため、最後の20分ほどは島田さんにも加わってもらい、島田さんが担当したパートや全体についての補足をしてもらい、3人でトークをまとめました。


『本屋会議』の話は、90分ではぜんぜん足りなくて、もっともっと話をしたい、それもお客さんと一緒に話をしたい、そんなふうに思わされました。昨日は、現役の書店員さん、出版関係者のほか、新聞社の方、読者の方、隣接業種の小売に関わっている方、図書館の方など、本をとりまくいろいろな立場の方が集まってくれました。本屋さんの話をしたい人、聞きたい人は、まだまだいるのだなあ、と実感できたひとときでした。


当日、資料として「新文化」に掲載されたシンポジウムの紹介記事をお客さんに紹介したのですが、お客さんとして参加してくださった東京新聞の方が、先日の記事で紹介したシンポジウム紹介記事の掲載紙を持ってきてくださったので、会場でお客さん全員に配布することもできました。


トーク終了後は、いつものように交流会。今回は、町本会の打上、ということで、夏葉社の島田さんのあいさつと乾杯の音頭でスタート。たくさんの方が遅い時間まで残ってくださり、打上のためだけに駆けつけてくれた方も加わって、あちこちで本と本屋さんをめぐる話題が飛び交うにぎやかな会になりました。あらためて、昨日、悪路のなか、トークと町本会打上に駆けつけてくださったみなさんにお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。


【“町本会と本屋会議がテーマのトークイベント、無事に終了となりました”の続きを読む】

町本会シンポジウムの様子が東京新聞で紹介されました

昨年の12/12に開催した町本会シンポジウム先日の記事では、業界紙と書評紙で取り上げていただいたことを報告しましたが、今度は、東京新聞・中日新聞で取り上げてもらいました。(紙面の写真は発行元の許可を得て掲載していますが、本文が読めないよう、サイズを落としてあります。ご了承ください。)



東京新聞 町本会シンポジウム 150122

Web版で読める冒頭部分だけ引用しておきます。《「町には本屋さんが必要です会議」と銘打ち、全国で小さな町の書店の魅力や今後の展望などについて話し合ってきたグループが、約一年間の活動を書籍『本屋会議』(夏葉社)=写真=にまとめた。東京都内で刊行記念シンポジウムが開かれ、登壇した書店員が店の実情などについて語った》。


町本会発足の経緯、『本屋会議』の内容、町本会シンポジウム当日の様子が、簡潔に、バランスよく紹介されていて、シンポジウム出演お三方の写真に『本屋会議』の書影まで掲載されているなど、とてもうれしい記事になっています。


先週の記事ですので、Web版でユーザ登録をしてご覧になるか、図書館など、東京新聞・中日新聞のバックナンバーが見られるところをあたってみてください。ぜひ読んでみたいという方は空犬までコメント欄などでご一報ください。1/30に西荻窪のbeco cafeで行われる町本会・本屋会議のトークイベントでも、この記事については紹介する予定です。


町本会シンポジウムが取り上げられました

昨年の12/12に開催した町本会シンポジウム。当日の様子を、業界紙と書評紙で取り上げていただきました。(いずれも、紙面の写真は発行元の許可を得て掲載しています。)



町本会シンポジウム 記事 新文化町本会シンポジウム 記事 図書新聞


いずれも、出演の3人、田口幹人さん(さわや書店フェザン店)、星真一さん(紀伊國屋書店グランフロント大阪店)、笈入建志さん(往来堂書店)の発言をコンパクトにまとめていただきました。記事はWeb版にはあがっていませんが、発行元の好意で、本文が読めるサイズで画像をアップしていますので、当日シンポジウムに参加されなかった方も、ぜひ3人の書店員がどのような話をしたのか、当日、どんな話題が出たのかを、お読みいただければと思います。


また、新聞の記事ではないのですが、『本屋会議』関連で、こんなうれしいものも作っていただきました。「川崎、本の森へ 枝葉便り15号」。


川崎、本の森へ 枝葉便り15 表川崎、本の森へ 枝葉便り15 裏

丸善ラゾーナ川崎店で発行しているフリーペーパーです。ご覧の通り、表には《永久欠番的大推薦図書》とあり、裏面には文芸ご担当の小川英則さんによる推薦コメント・感想がぎっしり。ここまでのものを作ってくださる書店の方がいらっしゃるとは……。感激です。ぼくは夏葉社島田さんからもらったんですが、同店を利用される機会のある方はぜひ店頭で手に入れてください。(さらに、『本屋会議』本体も手にとってもらえるとうれしいです!)