空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

赤羽の子どもの本の店「青猫書房」

前回の記事で紹介した「ながやまのりおがのこしたもの」の会場は、青猫書房。2014年にオープンした、赤羽にある子どもの本の店です。


赤羽は、湘南新宿ラインでも埼京線でも新宿から15分ほどですから、別にそれほど遠いわけではないのですが、池袋以北というのは東京西部エリア在住者にとってはなんとなく心理的な距離があり、個人的にあまり用事も縁もない街だったりしますので、訪問する機会をつくれずにいました。


青猫書房は、JR赤羽駅東口から徒歩10分ほど。住宅街のなかにあるお店です。


170708 青猫書房 看板

↑看板にも猫があしらわれています。


【“赤羽の子どもの本の店「青猫書房」”の続きを読む】

名駅エリアは2店体制に……三省堂書店名古屋高島屋店も訪ねてきました

三省堂書店の名古屋本店ができるという話を初めて聞いたとき、「本店」ができるのだから、てっきりタカシマヤのお店は閉店になるものだと思い込んでいました。タカシマヤのお店は、いつ行ってもお客さんでいっぱい、活気のあるにぎやかな店で、全国の商業施設内の書店のなかで、もっとも元気のいいお店の1つだという印象を持っていたので、もし閉店なのだとしたらもったいないことだなあ、などと思ったのです。


しばらくして、タカシマヤの店舗は閉店ではなく、そちらは縮小して継続営業、名古屋本店は別にできて、2店体制になることを報道か何かで知ったわけですが、近接する商業施設、それぞれに店舗が入っている、同一エリアに複数支店というのは、三省堂書店では、札幌の例があることをすぐに思い浮かべました。ただ、三省堂書店大丸札幌店は2016年8月に閉店(ステラプレイス内の三省堂書店札幌店はそのまま)になっていますので、札幌は、現在は一店体制になっています。閉店の案内に関しては三省堂書店のリリースを。


いくら、それぞれのお店がいいお店でも、やはり同一商圏に複数の支店を維持していくのは大変なはず。というわけで、タカシマヤのほうがどうなっているか、気になっていたので、タカシマヤの元の三省堂書店、名古屋高島屋店ものぞいてきました。


【“名駅エリアは2店体制に……三省堂書店名古屋高島屋店も訪ねてきました”の続きを読む】

名駅エリアは2店体制に……三省堂書店名古屋本店を訪ねてきました

先日、仕事の用事で名古屋駅を通る機会がありましたので、先頃、4月にオープンした三省堂書店名古屋本店を訪ねてきましたよ。


1706 三省堂書店 名古屋本店 案内図

↑店内に出ている案内図。


1706 三省堂書店 名古屋本店 店内11706 三省堂書店 名古屋本店 店内2

↑店内は撮影するわけにいかないので、通路とエスカレーターのところから雰囲気のわかる写真だけぱちりと。


【“名駅エリアは2店体制に……三省堂書店名古屋本店を訪ねてきました”の続きを読む】

FC2Ad