FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

吉祥寺でルー宴会、空犬文庫実現?、そして旅のお伴の文庫本選書

今日は、寒いのが苦手な生き物には悪夢のような一日でしたね。真冬とほぼ同じ格好で外出、なんとか乗り切った空犬です。


今日は、BOOKSルーエのみなと吉祥寺でいっぱいやってきました。メインの話題は、夏に予定している吉っ読イベントのこと。そのイベントで、ロゴやらチラシやらTシャツやら、デザイン関係を一手に引き受けてくれることになっている、花本会長の旧友、Sくんが駆けつけてくれ、楽しい酒席になりました。


イベント、居酒屋の飲み話レベルだった話がどんどん具体的かつ現実的になってきたようで、なんだかうれしいかぎり。今日は短時間の会だったけど、いいお酒が飲めました。


BOOKSルーエには2分ぐらいしか寄れなかったので、買い物は文庫新刊台から一瞬で抜いたこれだけ。


  • 江戸川乱歩・大槻ケンヂ『大槻ケンヂが語る江戸川乱歩』(角川文庫)
  • 今森光彦『里山の少年』(新潮文庫)



ところで。今日はもう1つメインの話題があって、それはルーエ飲み/吉っ読仲間のWくんが出すお店のこと。独立して、飲食店を出すというんだから、すごい。これは応援しないわけにはいかんでしょう。なんか、みんなも、まるで自分が店を出すみたいに、ああでもない、こうでもないって楽しそうに話してるからね。くわしいことは、もう少しかたまったら、本人の了解を得たうえで、この空犬通信でも紹介する予定です。


で、そのお店、吉っ読仲間がやるぐらいだから、当然という感じで、本と音楽がキーワードになるらしいのね。そしたらね、なんと、うれしいことに、お店に置く本のセレクトの一部を依頼されてしまいました。うぉー、空犬文庫が中央線沿線の飲食店の棚に実現! ……待ってましたよ、このような依頼を(涙)。明日から出張で大変だっていうのに、もう頭のなかは、Wくんのお店の空犬文庫のことでいっぱい、早速脳内選書を始めてます。


吉っ読会長の花本氏もセレクトを依頼されてたので、これは一種の対決だよね。セレクトが重なったら、お互い負け、みたいな。お互いの手の内は相当知り尽くしています。乱歩・探偵・幻想・SFは空犬のフィールドでしょう。あと東京本もそうだな。最近の日本の小説・詩・妖怪あたりは当然あちらのエリア。問題は、「ちょっとへんてこな文庫」「ちょっとおもしろな文庫」あたりのセレクトなんだよね。さて、はたして1冊も重ならずにセレクトできるかどうか。うーん、楽しみだなあ。人の本棚作るのって、すごく楽しいよ。


そうそう、本を選ぶといえば、明日から1泊で大阪出張なので、出張本も選ばなければならないのであった。1泊って微妙なんだよね。往復の新幹線が6時間弱でしょ。それに、夜の用事はないから、まあ飲み屋か宿で本を読むことになるから、その分も要る。現地に着いてから、途中の移動時間もあるからなあ。例によって、文庫3~5冊ってところだろうか。うーん、こちらも悩ましい……。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/992-fb7b499d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)