FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

2009年本回顧

今年も、本と書店がテーマだとしながら、それにしては怪獣だの特撮だのボンクラな話題に酒飲み話が多すぎるこの駄ブログを訪問してくださり、ありがとうございました。しょっちゅうくじけそうになってますが、そういうときにかぎって、初めてお会いした人に「読んでます」なんて言われちゃったり、感想メールが来たりするもので、なんとか続けてこられました。


来年2010年が出版業界、書店業界、そして本と書店を愛するみなさんにとって良い年になりますように。それでは、みなさん、良いお年を。



これで終わりにしてもいいんですが、一応予告してしまったので、今日は、今年、個人的に印象に残った本をリストアップしてみます。でも、記事で取り上げた本がほとんどで、とくに新味はありません。順位などはとくになく、また、今年の新刊でないものも入っているかもしれません。



◆コミック部門


  • あずまきよひこ『あずまんが大王』1~3年生(小学館)
  • 丸尾未広・江戸川乱歩『芋虫』(エンターブレイン)



◆特撮部門


  • 別冊映画秘宝『東宝特撮総進撃』(洋泉社)
  • 川北紘一『平成ゴジラクロニクル』(キネマ旬報社)



◆SF部門


  • 伊藤計劃『ハーモニー(ハヤカワSFシリーズ)』(早川書房)
  • 山本弘『アイの物語』(角川文庫)
  • 大森望・日下三蔵編『超弦領域 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)



◆文庫部門


  • ボルヘス『創造者』(岩波文庫)
  • ウェッジ文庫の一連の渋すぎ書目たち



◆文芸部門


  • 小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』(文藝春秋)



◆音楽部門


  • トム・グレイブス『ロバート・ジョンソン クロスロード伝説』(白夜書房)
  • ドリ・ハダー『ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界 アウトサイダーソウルアート』(ブルースインターアクションズ)



◆本の本部門


  • 児玉憲宗『尾道坂道書店事件簿』(本の雑誌社)
  • 井原万見子『すごい本屋!』(朝日新聞出版)



◆復刊部門


  • Andre Kertez『On Reading』(W.W.Norton)



◆新書部門


  • 南陀楼綾繁『一箱古本市の歩き方』(光文社新書)
  • 小野塚謙太『超合金の男 村上克司伝』(アスキー新書)



◆探偵部門


  • 住田忠久『明智小五郎読本』(長崎出版)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/880-a153564d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)