FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

空犬通信版、2009年の出来事回顧、続きです

さて、続きです。一応、リスト後半をもう一度上げておきましょう。


  • SF周辺に盛り上がり。『SF本の雑誌』、日本SF全集、文庫アンソロジーなど重要本次々に刊行。SF界重要人物訃報も相次ぐ。
  • 「大乱歩展」開催、少年乱歩文庫完結、大型明智本刊行と、乱歩、局所的に盛り上がり。
  • 藤子決定版的全集刊行開始、オバQ復刊。手塚文庫全集もスタート。
  • 東宝特撮DVDコレクション刊行開始。


SF周辺はいろいろありましたねえ。ちょっと無理矢理にまとめてリストアップすると、

『S-Fマガジン』創刊50周年、

『SF本の雑誌』の刊行、

SFアンソロジー文庫の相次ぐ刊行、

日本SF全集刊行開始、

河出の奇想コレクションも順調に継続中、などなど。




本の世界以外にもありますよ。SFアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』30周年関連イベント、とくに1/1ガンダムは大いに話題を呼びました。




映画の世界でも、夏にはスタトレ、トランスフォーマー、T4のSF大作3部作が公開。12月には、超大作にして話題作『アバター』が公開されました。SF者は息をつく間もない感じですよね。




一方、SF界は、多くの重要人物を喪った1年でもありました。「SFの名付け親」ことフォレスト・アッカーマンさんは昨年(12/4)ですが、2009年の主なところをあげてみます(網羅的に調べたものではなく個人的な関心によるものです。また、プロパーSF以外に、SF映画に代表作や重要な作品がある方を無理矢理リストに入れてます)。


フィリップ・ホセ・ファーマーさん(2/15、享年91)、

伊藤計劃さん(3/20、享年35)、

J・G・バラードさん(4/19、享年79)、

栗本薫さん(5/26、享年56)、

デビッド・キャラダインさん(6/3)、

ポール・ナッシーさん(12/1)、

ダン・オバノンさん(12/21)さん。





なかでも、(何度も書いてることですが)伊藤計劃さんの早すぎる死は、SF界にとって大きな損失で、個人的にも大ショックでした。あらためて、すばらしい作品でSF者を長く楽しませてくださったみなさんのご冥福を、心からお祈り申し上げます。




乱歩、藤子全集、東宝特撮DVDコレについては、過去記事にいろいろ書きました。しかし、個人的に重要な事件、というのが、いずれも過去の焼き直しや復活企画関連ばかりですねえ(苦笑)。


そういうものに強く反応してしまうのは、年齢のせいだけでなく、好みの問題が大きいのですが、読者としてはともかく、編集者としてはあんまり古いものばかり好きなのもどうかなあと、少しは反省したりするものの、この駄文を書き終わったら、『ゴジラの逆襲』を観なくちゃなどと考えていたりするんだから、どうしもようもありませんな……。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/878-bc6e8049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)