FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

上野で書店回り、そしてBEX上野で遭遇したおもしろフェア

昨日は仕事で書店回り。いつもなかなかいけないところをと思い、秋葉原と上野を中心に。まずはBOOK EXPRESS ディラ上野店へ。


長谷川さんを訪ね、できたばかりの「めくる」最新号をいただき、こちらからは、「ルーエの伝言」最新号(30号)と「セザンヌ」を。フリペといえば、この「めくる」と「ルーエの伝言」が、なんと今月号の『散歩の達人』(2010年1月号)の大特集「本屋さんが面白い!」で取り上げられています。これについては、稿をあらため、くわしく紹介の予定。


めくる Vol.4

↑じゃーん。空犬も寄稿させてもらってます。


長谷川さんとのおしゃべりの後は、店内を散策。以前取り上げたときにも書きましたが、ここBOOK EXPRESS ディラ上野店は駅構内のお店とは思えぬほど、あちこちに工夫や仕掛けが埋め込まれていて、実におもしろいのですよ。たとえばこれ↓。


BEX上野フェア

まもなくクリスマスってことで、プレゼントに本をというフェアなんですが、クリスマス絵本やお洒落な写真集ではなくて、文庫3冊をセットにしたもの。セレクトは長谷川さんらお店の方が独自に行ったものだとか。テーマやレベル(?)別になっています。『星の王子さま』なんかが入っているのはよくわかるとして、セレクトのなかには、えーこれが!みたいなのも混じっていて、しかも、写真には写ってませんが、下のほうにいくとだんだん濃さを増し、これはクリスマスプレゼントには選ばないだろうふつう的なセットまであったりします。書店員の遊び心がまさに満開のフェアになっていて、ちょっとうれしくなってしまいます。


残念ながら、3冊セットは、持っている本との重なりのために自分では買えなかったのですが、クリスマスプレゼントを本にしようと考えている人には、まさにぴったりのフェア。もちろん自分用に買うのもいいでしょう。このフェア、ぜひのぞいてみてください。ただ、紹介がぎりぎりになってしまいました。おそらくは明日までのフェアだと思うので、全速力で上野に駆けつけてください!



あと、棚を見ていると、いつだったかの飲み会でこの本が話題になったなあ、とか、遠足のときに誰かが持ってきた本だとか、いろいろ思い当たる本が面になっていたり、POP付きだったり、フェアの1冊になっていたりするのに気づきます。お酒の席で話題になっただけの本が、こんなふうに活かされているとは。さすが、腕の立つ書店員の情報収集力は違います。



BEX上野ウインドー

↑店外のウインドー。「めくる」最新号の完成も報告されてます。


ちなみに、この日の買い物は、以下の通り。




佐藤亜紀は、先日の吉っ読忘年会でも披露してくれた長谷川さんおすすめの1冊。POPがついているもので、ふだんあまり読まないような本からと思ってセレクトしたのが『アウト』。新刊ではない(2年前の刊行)この本が、超パワフルなPOP付きで2面積みになってましたから、時代ものは読まないのに、勢いで手にしてしまいましたよ。


上野駅のアトレ内にある明正堂書店にも寄ってから、上野古書のまちへ。


上野古書のまち

↑看板もいい感じ。


映画館(上野セントラル)の上というユニークな立地の古書モール。残念ながら映画館は閉館になりましたが、古書のまちはあいかわらず、いい感じで営業中でした。


平日の日中というせいもあるんでしょうが、店内は男性、それも平均年齢かなり高めの男性ばかり。なにしろ、ぼくが若造に見えるぐらいですから、すごいです。お客同様、いい具合にすすけた感じの店内は、新古書店のそれとはあきらかに違う品揃え。それなりにかための本もけっこう置いてあるんですが、エロ度が高いのにくわえ、VHSやLPなど、旧メディアの混入率が高いのも、場所柄、でしょうか。


持ってるから買わなかったけど、深沢七郎の新潮社文庫6冊セットとか、堀内誠一さんの絵の、草思社の『マザーグース』5冊セットのセット箱入りなんかがありました。本好き書店好きのみなさんが上野散策の折には、ぜひこちらにも。


とういわけで、本業の用事含め(ちゃんと仕事もしてたんですよ)、いろいろと収穫の多い1日でした。「めくる」と『散歩の達人』については、明日にでもあらためて。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/869-c55fd1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)