FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

千葉で書店イベント? ブックチバ(仮)に期待です!

地域密着型の書店イベントと言えば、空犬通信でも何度か紹介している福岡のブックオカ、それに名古屋のBOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)があります。いままさに開催中BOOKMARK NAGOYA、今年はすごい! すごすぎる! ちょっとこちらこちらをご覧くださいな。本好き書店好きならすぐにも駆けつけたくなるようなイベントやフェアがずらり、今年のラインナップの本気度は驚愕のレベルですよ。行きたいなあ、BOOKMARK NAGOYA


ブックマークナゴヤ表紙ブックマークナゴヤ冊子中

↑こんな立派な小冊子が作られています。


街の規模や商圏が違うので、比べてもしかたないですが、吉っ読も、吉祥寺でこういうのがやりたかったんだよなあ……。ゴールデンウィークごろに一箱古本市が開催される不忍ブックストリートや春にも小規模な古本市が開催されるようになった神保町の例はあるものの、こうした街をあげての書店イベント、それも新刊書店が中心になったイベントって、関東にはなぜかないんですよね。福岡や名古屋の人たちががんばっているのに、関東でできないなんて、ちょっとくやしい。


と常々思っていたら、とうとう関東にも地域密着型書店イベントを立ち上げようという人たちが現れましたよ。その名も、ブックチバ(仮)。千葉の書店員の人たちが中心になって立ち上げた、書店をもっと元気に、もっとおもしろい場所にするためのイベントです。


わたくし空犬もお手伝いさせていただいてまして、今日はその会合に出席してきました。今日はイベントの内容や名称について、熱いやりとりが交わされたんですが、いやあ、見ていてなんだかうれしくなってしまいましたよ。


相次ぐ版元倒産に雑誌休刊、書店の数も減少と、出版不況が実感されるようなニュースばかりで、いい話がなかなか聞けないのが今の時代。そんな時に(いや、そんな時だからこそ、なのかもしれませんが、ともかく)別にだれに請われたわけでもないのに、自分の時間とお金を使って集まっては、こんなふうに本を売ろう、こんなふうに本の魅力を伝えよう、なんてことを一生懸命考えている人たちがいる、ということがまずうれしいではないですか。


実行委員の面々は、おもに千葉の新刊書店員のみなさん。そこに、千葉県民でもない、新刊書店員でもない空犬がいるのは変な話なんですが、「吉っ読」をやっているときに千葉の書店員のみなさんと交流させていただく機会があり、その縁で、ブックチバ(仮)の中心人物であるKさんに声をかけていただいた次第。


会合のある船橋と吉祥寺は総武線各停で片道一時間強。行って帰ってくるだけで小旅行(苦笑)だし、別にぼくの本業に何か得があるわけでもありません。それでも、誘われると出ていってしまうのは、やっぱり、書店が好きなんですよねえ。こんなふうに、いろんなアイディアを持ち寄って、ああやって売ろう、こうやって売ろう、そんな話を書店員の人たちと一緒になってできるのが、ほんとに好きなんですよ。しかも、吉祥寺では残念ながら果たせなかった街をあげてのイベントを実現しようとしている人たちの集まりなわけです。参加しないわけにはいきませんよね。


ちなみに、イベント名は仮称です。ホームページも今はご覧の通り、準備中で中身がありませんが、今月中には正式に立ち上がるもよう。その際に、正式名称も発表になるはずです。関東エリア、とくに千葉にお住まいの本好き、書店好き、書店関係のみなさんは、ぜひブックチバ(仮)にご注目ください。空犬通信も、ブックチバ(仮)を全面的に応援しております。その活動については、空犬通信でも随時レポートしていく予定ですよ。がんばれ、ブックチバ(仮)!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/690-8560f251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)