FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

大人の科学シンセサイザークロニクルがすごい

東京国際ブックフェア学研ブースで展示されているのを目にして以来、発売を心待ちにしておりましたよ。


  • 大人の科学マガジン編集部 『大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル』(学研)


アナログシンセが付録って、そんなのアリですか。その発想がすばらしすぎます。このつまみのついた、いかにもアナログなルックス。この箱を見て心を躍らせない元工作少年/元プラモ少年がいるとは思えません。



「大人の科学」は、これまでも、プラネタリウム(空犬のフェイバリット)、反射望遠鏡、音楽関係ではテルミンなど、万年中学生な男子のハートをわしづかみにしてやまない素敵なおもちゃをたくさん提供してきてくれたすばらしいシリーズ。ますますファンになりましたよ。



毎度のことですが、冊子のほうも付録に負けず劣らずの充実ぶり。目次には、YMOの3人、ロバート・モーグ、冨田勲、明和電機、石野卓球、松武秀樹(!)ら、シンセ・電子音楽関連のビッグネームがずらり。ハードのほうも、minimoog、MS-20、Prophet-V、Jupiter-8、TR-808などなど、なつかしのシンセ名機たちの姿があちこちにばっちり。あなたがYMO世代and/orオールドテクノ派なら涙腺決壊必至の写真・記事が満載の中身になってます。


空犬通信大推薦の1冊です。リアル書店・ネット書店の一部では品切れだったりするようなので、興味のある方は全速力で書店にかけつけてください!


◆今日のBGM◆


  • ハービー・ハンコック『ヘッドハンターズ』


アナログ・シンセのぶっとい音が聴ける盤で何か好きなものをと考えて、レコ棚を眺めてみます。YMOの諸作や教授の『千のナイフ』がすぐ思い浮かぶのはもちろんとして、クラフトワーク、イーノ、ヴァンゲリスと、ふだんはギターをはじめとする弦楽器一辺倒の割に、けっこういろいろ持ってたりするんですが、そんななから、シンセ(ARP、ですよね)のブンブンいう感じがかっくいい、ジャズファンク、文句なしの名盤であるこいつをピックアップしてみました。いつ聴いてもしびれます。ジャケもgood。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/581-3777d14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)