空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

大阪で書店めぐりをしてきましたよ(古書店編)

大阪書店めぐりレポ、最終回は古書店編。今回は古書店めぐりはなし、と書いちゃったんですが、予定のお店を回り終えた夕方、ごくわずかに時間と体力が残っていたので、阪急古書のまちだけ短時間のぞいてきたのです。


阪急古書の街

以下が今回の収穫。仕事で荷物を増やせないこともあって、ごくごく控えめな買い物です。



真鍋本+横溝本小栗虫太郎集

↑真鍋本は太田書店で、金色は加藤京文堂で、完全犯罪は稀珍堂書店でゲット。真鍋本は絶版文庫、雑本買いのぼくにはけっこう高めだったんですが、まもなく紹介予定の『星新一 一〇〇一話をつくった人』を読んで以来、小規模な星新一ブーム状態が続いていまして、そんなときの出会いということで、迷わず即買いです。



今回の最大の収穫は、以前に紹介した『ブンブン堂のグレちゃん 大阪古本屋バイト日記』のイラストサイン本。


ブンブン、サイン

もちろん、加藤京文堂でゲット。もちろん、というのは、このすてきな古本本の舞台となっているのがこの加藤京文堂さんなんですよ。


入り口を入ると、左には探偵小説や幻想文学がずらり、正面がレジ、そしてレジのガラスケースには探偵者垂涎の、探偵もの・文芸ものの稀覯本がおさめられています。レジの後ろから左奥にかけての棚にはパラフィンに包まれた文芸初版ものがずらり。お店の左半分手前は、小さな小さな画廊の趣で、絵や版画が飾られていて、表のショーウィンドーから眺めることができます。


高校のころから何度となく通っていますが、今でも大阪に来たら、どんなに時間がなくても、古書店のうちこのお店だけは欠かさずに顔を出しています。カバーしているジャンルといい、品揃えといい、お店の規模や雰囲気といい、ぼくにとっては理想の古本屋さんの1つなのかもなあ、そんなことを行くたびに思ったりするのです。


ブンブン、サイン、店の前

↑この日は、ウィンドーの左手前隅に、サイン本と色紙が飾られていました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/517-3849385b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad