空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

大阪で書店めぐりをしてきましたよ(ミナミ編)

今回はこちらから。紀伊國屋書店本町店。このお店、すてきな独自フリペを出しているといことで、吉っ読の記事で紹介したことがあります。とうとう本物に出会えました。こちらです。


文庫文芸通信1文庫文芸通信2

↑A3、四つ折り。オール手書き、片面はカラーです。カラー面は、色紙を切り貼りしたり、色を塗ったり、クレヨンで質感を出したりしているのでしょうか、大変な力作になっています。



600坪ということで、ワンフロア店としてはかなり大きめです。ビジネス街の書店で、たしかに全体にビジネス向けの棚作りにはなっているのでしょう。ところが、そんななかに、突然暮らしの手帖フェアが出現したり、美術書関連のフェアがあったり、文芸・文庫コーナーはフリペを出しているおふたりの手によるものなのか、手書き・手作りのポップや貼り紙がそこここに目につくなど、担当の方の工夫や個性が出ていて、なかなかおもしろい雰囲気になっています。


文庫文芸通信1文庫文芸通信2

そして、なんばへ移動。まずは、ジュンク堂書店難波店へ。ここは、昨日のブックファースト梅田店の紹介文のところに書いたとおり、1Fの壁面がすばらしい。このディスプレイを見るためだけにも足を運びたいぐらいのお店です。もちろん、いずれのジャンルの棚もぎっしり充実、手抜きなし、というのはほかのジュンク堂さんと同様です。3Fの児童書コーナーの居心地よさそうな感じが、気に入ってます。


ジュンクなんば

↑ほんとは1Fの壁面の写真を撮りたいぐらいなんですが、さすがに店内で撮影するわけにはいきません。ようく見ると奥の壁も一部写っていたりするのですが……。


ちなみにこのお店、同じビルの上階はワッハ上方、すぐそばにはなんばグランド花月に、SWINGヨシモトがありと、お笑い軍団に包囲されている感があり、大型書店のロケーションとしては独特過ぎるところにあるのも、なんだかgoodです。


そして、次は旭屋書店なんばCITY店。大阪はもともと土地勘があるうえ、主な書店の周辺地図ははもうすでに頭のなかに入っていますから、まったく迷わずに行けるはずなんですが(そうでなければ、半日で10店も回れませんしね)、なんばCITYに入ったところでいきなり頭の中が?でいっぱいに……ロケット広場がない! ええええーっ! なんで???


あとで大阪の友人に聞けば、撤去は昨年のことで、ロケット広場がなくなるときは新聞記事にもなったとのこと。探してみればたしかにこんな記事が……。ちょっとショック、かも……。


気を取り直して、CITY地下をずんずん進んで旭屋書店なんばCITY店に向かいます。で、たどりついて、ふたたびびっくりり。ええええーっ! 旭屋書店がなんかおしゃれな店になってる! 入り口だけ見たら、ABCか流水書房が関西に進出してきたのかと思ってしまうような変貌ぶりです。まずは証拠写真を。


旭屋書店なんば1旭屋書店なんば2

ワンフロア大型店で、以前のお店は、作りも品揃えもオーソドックス、通路が狭く、棚の本数も多くて、本もぎっしり、そういうイメージの店舗でした。現在のお店はというと、通路は広めで、正面のフェア台・新刊台も、斜めに置かれていたりして、ほんと、上にも書きましたが、ABCか流水かブックファーストかといった雰囲気です。当然ながら、在庫点数も抑えめになっているはずで、かつてのぎっしり感はなくなっていました。


ただ、店内をうろうろしてみると、容れ物は同じですから、さすがにところどころにかつての面影は残っています(このお店をご存じの方ならわかると思いますが、お店の奥、児童書のあたりって、壁が張り出して妙に狭いスペースができていたりして、ぼくはそういうところも好きだったんですが、その入り組んだ感じは、リニューアル後もそのままでした)。


このお店は、昔からよく通っていた店で、出版社に入ってからも仕事で何度も訪れたことがあります。ただ、この数年は顔を出せていなかったので、この激変ぶりには驚きました。お店のリニューアル自体は、書店が生き残っていくためには必要なことでしょうし、こういう商業施設の中のお店の場合は、その際に、よりおしゃれなお店に変身するのはある意味当然でしょう。でも、この旭屋書店なんばCITY店は、今風の店舗と従来型の書店との間でまだ揺れているのかなあ、そんな感じも受けました。そんな風に思ってしまったのは、以前のお店をよく利用していた者の、単なるノスタルジーなのかもしれないのですが……。


大阪書店めぐりレポートはまだまだ続きます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/515-62de49b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad