FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

こんなときにこそ、すてきな本屋さんの話を読みたくなる

小中学校の休校の影響によるドリルや児童書の需要で、リアル書店がいちになく賑わっているとされていますが、その一方で、多くの書店の閉店が報じられています。



静岡の戸田書店本店、鎌倉の鎌倉松林堂書店、横浜の紀伊國屋書店横浜みなとみらい店、御茶ノ水のヴィレッジヴァンガード、金沢のスーパーカボス大桑店、千葉の「16の小さな専門書店」……連日といっていいほどの書店閉店報道に、本屋好きとしては、暗澹たる気持ちにならざるを得ませんが、そんなときにこそ、このような記事を読むといいのではないかと思うのです。



前者は、ユニークな地域密着&複合型店舗展開で知られる広島のウィー東城店の紹介記事。『本屋会議』(夏葉社)でも写真入りで大きく取り上げたお店です。お店の魅力、そして店主、佐藤さんの魅力がよく伝わってくる文章で、一読、お店に駆けつけたくなるような記事になっています。


後者は、イギリス、コッツウォルズの小さな町、チッピングノートンの《中心にある本屋さん、ジャフェ・アンド・ニール》の詳細な紹介記事。同店は《近年のイギリスで最も成功した独立系書店とされ、業界で名を知らない人はいない有名店》とありますから、本屋さんに関心のある人、本屋さんを愛する人なら、読まないわけにはいかないでしょう。


清水玲奈さんの連載「英国書店探訪」は、どの回も非常に読み応えのあるレポートなんですが、この第20回は、本屋好きならぜひ目を通しておきたい内容になっています。先のウィー東城店といい、ジャフェ・アンド・ニールといい、こんな本屋さんが自分の住む街にあるといいなあ、こんな本屋さんがある街に住みたいものだなあと、そんなふうに思わせてくれるお店ですよね。


本屋の苦戦、本屋の閉店を報じる記事ばかりが目につくときだからこそ、こういう本屋さんの力、本の力を感じさせてくれるような店の存在はうれしくなりますよね。本屋好きのみなさんには、ぜひこういう本屋もあることを広くお知らせしたいなあと思うのです。



日本では、ドリル需要で書店に人が集まっているとされていますが、海外では、コロナの影響によるリアル書店、とくに個人書店の苦戦が報じられています。



上の3つ、ニューヨーク・タイムズの記事とHon.jpの記事は、アメリカの例、3つめはイタリアの例です。


ブックイベントが中止になり、新刊刊行に合わせた著者の講演やサイン会も中止、書店にとってのいちばんの売り時となるチャンスが次々にふいになってしまっているのは、海外でも同じ状況ですが、書店が本を売ること自体ができない状態のため、ドリルや児童書を求める人が書店に集まっているといった、日本でのようなある種の特需が生じるようなことにはなっていないようです。


そんななか、アメリカ各地の独立系書店がどんな工夫をしているか、どんな状況にあるかも記事中ではふれられています。先のニューヨクーク・タイムズの記事にも出てきますが、コロナ騒ぎによる書店の一時閉店、図書館の休館に関する施策で、英語圏の記事を読んでいると、"Curbside (Book) Pickup"というフレーズがよく出てきます。なるほど、こういうことなんですね。こちらに説明がありました。あちこちで行われているようですね。


一方、感染者の数と拡大ペースがとんでもないことになっているイタリアでは、事態はより深刻な感じです。イタリアでは一部業種をのぞく小売店舗の閉店が実施されていますが、その影響が、書店を直撃しているようです。


記事の一部を引きます。《新型コロナウイルスの影響で全土が封鎖されているイタリアで、市民が読書に充てる時間は十分あるのに、開いている書店がないという状況が生まれている。個人書店は苦境に立たされている》。


《ベローナ(Verona)で書店を経営する、同国小売書店協会のパオロ・アンブロジーニ(Paolo Ambrosini)会長は「オンライン書店は開店していて、配達員らは配達に出掛け、従業員らは梱包(こんぽう)作業をしている」「もし本が不要だというのなら、流通をすべて停止すべきだ」と話し、制度の不公平さを批判した》。


記事には、《個人書店の経営状況は「非常に不安定で、利益はゼロに等しい」と話した》《政府が最初に提示した国民と事業所に対する援助には、大打撃を受けている書店業界に対する支援は一切含まれていなかった》と事態の深刻さがうかがえる表現が続きますが、地域によっては、《書籍の宅配販売を許可》というところも出てきているようです。


地域、国にかかわらず、本がふつうに買えるように、本がふつうに読めるように、一刻も早くなることを祈らずにはいられません。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する