FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

神保町の東京堂書店が130周年

神保町を代表する本屋さんの1つ、東京堂書店が、3/10に創業130周年を迎えたとのことです。



130年はすごいなあ。130年前、1890年って明治23年ですからね。約400年の歴史をほこるという和歌山の帯伊書店とか、国内には、びっくりするような歴史をほこる書店もあるにはありますが、とはいえ、100年超の歴史をほこり、さらに、今なお現役感をきちんと出している書店となると、(ちゃんと調べたことはありませんが)そう多くはないでしょう。


よく日本最古の「本屋」として名前のあがる京都の永田文昌堂は出版社ですしね。小売りとしての本屋、書店では、都内だと、あとは、昨年創業150周年を迎えた丸善や、来年東京堂と同じ創業130年を迎える表参道の山陽堂くらいでしょうか。


東京堂書店のみなさん、おめでとうございます。東京堂書店には、ぜひ150周年、200周年を目指し、本の街・神保町を代表する本屋さんの1つとして、本好きのよりどころであり続けてほしいものです。


創業130周年を記念して、期間限定のブックカバーとしおりが制作され、店頭配布されています。詳細はお店の公式サイトにあがっているこちらの案内を。


東京堂書店_130周年_ポスター1

関連記事はこちら。「東京堂書店が130周年! 益田ミリさん描き下ろしのオリジナルカバー&しおりが、期間限定で登場」(3/10 ダ・ヴィンチニュース)


期間中に東京堂書店で本を買うと、イラストレーター、益田ミリさんが描き下ろした、同店オリジナルデザインのブックカバーとしおりがもらえるというキャンペーンです。


ブックカバーは、文庫用と単行本用(B6判)の2種。しおりは1種で、益田ミリさんの『僕の姉ちゃん』(マガジンハウス)の、130周年限定描き下ろし仕様とのことです。


その記念しおりをいただいたので、通常のと並べてみました。


しおり_東京堂書店_130周年 1しおり_東京堂書店_130周年 2

↑通常のは裏白になって久しいのですが、記念しおりは両面になっています。


しおり・ブックカバーのほか、トートバッグもつくられるようです。


東京堂書店_130周年_ポスター2

早川書房とのコラボで、シャーロック・ホームズがモチーフというのがいいですね。3/27から発売開始とのこと。こちらも気になりますね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する