FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

山尾悠子の新作書き下ろしが豆本で登場

こんなものが買えてしまうのだからなあ。




書影 翼と宝冠 1書影 翼と宝冠 2

↑写真のように、袋に入っています。


書影 翼と宝冠 3書影 翼と宝冠 4

↑袋から出すとこのような感じ。表紙は銀の箔押しです。


版元の内容紹介によれば、《『小鳥たち』外伝。小鳥の侍女のさいしょの始まり。プロローグにしてコーダ。物語はこの侍女の譚をもって完結する》というもの。書き下ろしだとあります。山尾悠子作品、豆本でのリリースは初めてでしょうか。『小鳥たち』の読者、山尾悠子ファンは必読、必携ですね。


版元のサイトによれば、本書には、当方が購入した簡易パッケージ版のほかに、以下の3つのエディションがあるとのことです。


  • 「『翼と宝冠』特装版BOX」
  • 「豆本『翼と宝冠』+人形セット」
  • 「会場限定丸型ケース入り」

いずれの版も気になるのですが、パラボリカ・ビスで開催された『翼と宝冠』展の会場のみでの限定販売ということで、とても買えそうになかったので、早々にあきらめて、通販でも買える簡易パッケージ版にしたのでした。


でも、簡易パッケージ版でも、愛読者としては充分に満足です。


簡易パッケージ版は限定部数の表示が出ていませんが、とはいえ、そんなにたくさんつくられるような類のものだとも思えませんので、ファンは早めに購入しておくほうが良さそうです。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する