FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

一年の初めに、本と音楽と映画(と鳥)を

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。



(以下、年初に何をした、何を観た、といった中身のない文章です。)


本日(1/2)、今年初の鳥見に出かけてきました。近所の探鳥散歩ルートをぶらぶら歩くと、にぎやかなヒヨドリ、ムクドリらに混じって、シジュウカラ、メジロらの姿が目に飛び込んできます。


ぎぃと特徴のある声がするので、辺りを見回すと、とんとんと一心に木をつつくコゲラのかわいい姿が。年初から鳥たちのかわいい様子をたくさん目にすることができ、大満足です。


そのまま吉祥寺に足を伸ばして、本とレコードの初買いをしてきました。街は初詣やセールのお客さんで大賑わいでしたが、ぼくが向かうのは、いつものように本屋さんとレコード屋さんのみ、という。


本の初買いはやはり行きつけのお店でしたいので、BOOKSルーエへ。シフトの関係でふだんなかなか会えない花本武氏や社長さんに店頭で会えたので、買い物ついでに新年のあいさつと少しおしゃべりを。なじみのお店があるというのはいいものです。


本の初買いはこちら。


書影 オーラリ

去年気になっていながらも買い損ねていた日本のSF新作2点。


続いて、レコード屋さんに。新年セール中のHMV吉祥寺とディスクユニオン吉祥寺店へ。すっかり定着した感のあるアナログブーム。新作や再発で買えるアナログが増えました。今年もまだ続くかな。


HMVにはレコードプレイヤーの福袋とレコードの福袋が出ているというので、のぞいてきました。レコードプレイヤーの福袋、いったいどんな組合わせになっているのかと思ったら、ポータブルレコードプレイヤーが、通常価格よりもお得な値付けになっているという福袋で、とくに他の商品と組合わせになったりはしていないようでした。


レコードのほうは、新品レコードが3点セットになったもの。何が入っているのかわからずにレコードのセットを買うレコ好きっているのかなあ。だいたい、聴いたことのない音盤を視聴なしで買う行為自体が「福袋」を買うみたいなものですから、わざわざ福袋を用意しなくても、レコ好きというのはふだんからそういう買い方をしているのだと言えなくもないなあと、そんなことを思ったのでした。


レコードの初買いですが、ずっと探していた1枚に出会えました。小中学生のころに好きだったアイドル歌手の盤なので、気恥ずかしいから何かは伏せますが(苦笑)、うれしいなあ。幸先がいいというのはこういうことを言うのでしょうか。……と思った瞬間、このようなことで喜んでいる自分(50男……)が実に安い存在に感じられたりもするのでした。


年初の映画は、録りためてあったなかから『アトミック・ブロンド』を吹替で。すごく好みだったので、劇場で複数回、爆音でも観た作品ですが、ベルリン脱出前の、階段を降りながらのアクションシーンは何度も観てもやはり最高でした。


年初の映画、続いては、録りためてあったなかから『バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版』を。ミニシアターブームの頃に観たなつかしい作品。DVDでも観直していますが、「ニュー・ディレクターズ・カット版」は初めて。通常のとどこかが違うのかよくわからなかったのですが、年初の映画にふさわしい1本になりました。


というわけで。今年も本や音楽や映画とのいい出会いがたくさんありますように。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する