FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『13坪の本屋の奇跡』……大阪・隆祥館書店の本が出ました

大阪の町の本屋さん、隆祥館書店の本が出ました。




書影 13坪

版元の内容紹介によればこのような本です。《いま「町の本屋」が消えていっている。本が売れないから、というのは理由のひとつでしかない。そこには、「売りたい本が来ないから」という理由がある。「いらない本が送りつけられるから」という理由もある。どういうことだろうかーー 創業70周年を迎えた大阪・谷六のわずか13坪の本屋「隆祥館書店」からいまの出版業界はどう見えるのか? ジャーナリスト木村元彦が、町の本屋の「闘い」を丹念に描きだす》。


同店には個人的にも縁があって、大阪に行くたびに顔を出すお店のひとつです。本のことも、企画以前の段階から二村さんからはいろいろお話をうかがったり、相談いただいたりもしていたので、本がとうとうできたと聞いたときは、自分が直接関わったわけではないのに、こちらまでうれしくなったものです。


中身のほうは、前半では、お店のこれまで、とくに二村知子さんのお父様、二村善明さんの半生や書店組合での活動のことが丁寧な取材で詳述されています。二村知子さんからはお店の話はたくさん聞いていますが、二村さんがお店を立ち上げるまでのことなど、知らなかった話、知らなかったエピソードが満載で、さすが民族問題など硬派なテーマを手がけてきたジャーナリストは違うなあと思わされました。本屋がどのような店なのかを描いた一般的な本屋本とはかなりテイストの異なる文章になっています。


後半は、200回を超える、同店名物のトークイベントのなかから、数回分が収録されています。


前半は読み応えのある内容ですが、100ページ足らずと、やや分量的にはものたりない感じもします。同店にとって、名物のトークイベントが大事なものであるのはたしかですが、とはいえ、過去のイベントの起こしの収録に本の半分ほどをあててしまうのは個人的にはちょっともったいない感じがしてしまいました。もう少しお店の歴史や、ふだんのお店の様子を知りたかった、読みたかったという感じを受けたのです。


あと、一本屋の歴史を描いた本としてはもう少し図版があってもよかったのではないかと思いました。お店の外観は途中で大きく変わっているはずですが、改装前後の様子がわかる外観写真や、店内の様子、棚などの写真があれば、お店を訪ねたことがない人にもより鮮明にお店の様子が伝わるでしょう。後述しますが、文中でふれられているブックカバーの図版がないのもちょっと残念な感じがしました。


二村さんのお父様が長く取り組んでいた《町の本屋の「闘い」》が丁寧に描き出された一方、全体に、「闘い」のほうにやや寄り過ぎで、隆祥館書店が「闘って」きただけでなく、地元のお客さんにしっかりと寄り添ってきた町の本屋であることが伝わる記述がもう少しあってもよかったのではないかなあ、と、長くお店に出入りしている者のひとりとして、そんなことも思いました。


ただ、それはあくまで個人の意見で、この本が、これまでなかなかきちんと語られてこなかった、また文章化されてこなかった町の本屋さんが抱える問題(とくに見計らい配本の問題)にきちんとスポットをあてた本であり、その一点だけでも読む価値のある本であることは間違いありません。本屋の置かれている問題に関心のある方はぜひ手にとってみるといいのでは、と思います。


本書はすでに多くのメディアの書評で取り上げられているほか、関連のトークイベントなどもあるようです。版元、ころからのサイトに一覧がありますので、そちらでチェックを。


1912 ryushokan 03

↑同店の外観。


1912 ryushokan 011912 ryushokan 021912 ryushokan 04

↑同店はイベント開催に熱心なお店ですが、店頭にはご覧の通り、いくつものイベントの案内が常時出ています。


1912 ryushokan shiori

↑特製しおり。4種あって、絵は本にもイラストを寄せている降矢ななさん。二村さんのお父様や二村知子さんご本人がモチーフにしたイラストもありました。


1912 ryushokan cover

↑本のなかでも言及されていますが、残念ながら本には図版が掲載されていない、隆祥館書店のブックカバー。(以前にも書きましたが)ブックカバー、ふだんは断るようにしているので、隆祥館書店での買い物のときもお断りしたところ、二村さんのお父様がひとこと、「ぜひ持っていってください。うちの自慢やから」。忘れられない思い出です。


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/07(火) 09:03:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメント

うれしく拝見しました。
メールにてご連絡差し上げます。

  • 2020/01/07(火) 20:42:44 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/3174-4b253043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)