FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「出版記念握手会の聖地」、福家書店新宿サブナード店

先日、新宿サブナードで開催中の古本市古本浪漫洲をのぞいてきました。ついでに、同じサブナード内にある新刊書店、福家書店新宿サブナード店にも寄ってきました。



190907 福家書店新宿サブナード店 1190907 福家書店新宿サブナード店 2

↑外観。


入り口の様子だけ見ると、一般新刊書店とは思えないような雰囲気ですよね。実際、写真にも、本の面陳や平台は写っていませんし。たしかに、本の在庫点数の多いお店ではありませんが、中に入ればちゃんと本もしっかりと並んでいます。ただ、その品ぞろえや、書籍と雑貨の組み合わせ、レイアウトなどは、かなりユニークで、この感じに似た一般新刊書店というのがなかなか思いつきません。


完全にターゲットを女性に振り切った品ぞろえになっていて、ぼくのようなおやじにはお店の良さを充分に堪能するのが難しいような感じになっているのですが、これはこれですごいなあ、新刊書店のあり方としては充分過ぎるほどありだなあ、と、感心させられます。


ただ、このお店を、品ぞろえを云々でどうこういうこと自体がおかしなことなのかもしれません。というのも、同店。現在では、ふつうの新刊書店というよりは、タレントのイベント、握手会で有名なお店として、全国区でその名を知られるお店になっていますからね。公式サイトにも「タレントイベントの」という冠がついているくらいです。


好みは別れるでしょうが、どこも同じなどとされがちな新刊書店のなかにあって、きわめて独特のスタイルを維持している店の1つであることは間違いないでしょう。


190907 福家書店新宿サブナード店 3

↑こちらがフロアレイアウト。


福家書店、本稿執筆時点では、公式サイトに8店の店舗があがっています。かつては(今となってはほんと意外過ぎるにもほどがある感じですが)銀座にもお店があり、アイドルの写真集やイベントで全国的に名を知られたお店でした。銀座のお店については、過去に記事でふれたことがありますので、ここでは繰り返しませんが、ご興味のある方は、ちょっと古い記事ではあるのですが、そちらをご覧いただけましたら。


福家書店、新宿では、かつては新宿センタービル内にもありましたね。1980年代末ごろの話です。大学生のころに近くでバイトしていたもので、当時はそのお店をよく利用したものでした。


当時は、西武新宿線の新宿駅の駅ビル、西武新宿PePeの上層階に、西武新宿ブックセンターが入っていましたので、新宿で書店のはしごをするのに、よく新宿センタービルや紀伊國屋書店からの移動の際にサブナードは通っていましたから、サブナードのほうの福家書店にも立ち寄っていたはずですが、当時の記憶はあまりありません。


以前のサブナードの福家書店は、今のような感じではなく、本屋としては、一般の新刊書店寄りのスタイルでした。現在のような、ある種振り切った感じに舵を切ったのがいつ頃のことなのか、調査がおよばずよくわかりませんが、調べてみたら、2014年に大きなリニューアルがなされ、現在のかたちになったようです。銀座店の跡を継ぐようなかっこうになったわけですね。


そのときの様子を伝える記事は、たとえば、こちら。「福家書店「毎日タレントに会える書店」へ」(2014/8/12 日刊スポーツ)。記事には、リニューアルの様子について、こんなふうにありました。


《握手会の聖地、福家書店新宿サブナード店が、スケールアップする。昨年のイベント回数は218回だが、担当者は今日を皮切りにその回数を増やすことを明言した》。


1年に200回超というのもすさまじい数字ですが、それを増やしますと明言しているところがすごい。現在のイベント回数がどのようなペースなのかわかりませんが、記事には、《同店の入るショッピングモールは、年2回休館日が設定されており、正確には「毎日のように」だが、運営側は、この2日以外は、イベントを開催すべく準備を進めている》とありますから、すごすぎる。


というわけで。久しぶりに訪問してみて、やっぱり、いろいろな意味で印象的なお店であることを再確認してきたのでした。古本浪漫洲に足を運ぶような古本者におすすめの店かどうかはわかりませんが、近隣のブックスポットとして、合わせてチェックするとおもしろいのではないかと思います。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する