FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

芳林堂書店、有隣堂……雨の中、関内で本屋巡りを

人に会う用事があったので、関内へ。ふだん横浜方面に出かけることはめったにありませんから、これは近隣の本屋さんを訪ねるチャンス、ということで、少し早めに家を出て、本屋巡りをしてきました。



……ところが、あいにくの天気。ぼくが着いたころには、本降りになってしまっていて、とてもあちこちを歩き回れる感じではなく、早々に切り上げる羽目に(涙)。駅周辺の2店だけですが、簡単に店内の様子を紹介しておきます。


180623 芳林堂書店関内店 外観1180623 芳林堂書店関内店 外観2

↑JR関内駅前の商業施設「セルテ」、4階にある芳林堂書店関内店。前回(がいつだか思い出せないくらいなのですが)関内に来たときは寄れなかったので、ものすごく久しぶりの訪問です。


場所がら当然といえば当然ですが(関内は横浜スタジアムの最寄り駅の1つ)、レジ脇あたりにあるベイスターズのコーナーがすごい存在感。驚くべきは、必勝祈願の芳林堂神社なるコーナーまでできていたこと。店内は撮影不可ですが、このコーナーは撮影可とありましたのでぱちり。


180623 芳林堂書店関内店 神社180623 芳林堂書店関内店 必勝祈願

球場が近くにあるかどうかにかかわらず、野球本を充実させている書店を見かけることはありますが、自店の名を冠した神社や必勝祈願コーナーが書店内に設けられているケースは初めてです。


180623 芳林堂書店 ブックカバー

↑同店のブックカバー。


駅をはさんで逆側に移動、伊勢佐木モールへ。ところで、よく調べずにこう表記していたんですが、公式サイトを見ると、正式には「伊勢佐木町商店街(イセザキ・モール1・2st.)」なんですね。


180623 有隣堂本店

有隣堂伊勢佐木町本店。ここは昔ながらのクラシックな雰囲気で、ぼくのようなタイプの古い本屋好きには、居心地がいいんですよね。1階から2階が吹き抜けになっていて、2階のギャラリーから1階フロアが見下ろせる立体的な造りもgood。


今日は、時間がなかったので、1階と2階しか見られなかったんですが、久しぶりの滞在を楽しんできました。


180623 有隣堂 ブックカバー

↑ふだんはことわるブックカバーですが、久しぶりの訪問だったのと、手持ちの文庫が読み終わりそうだったのとがありましたので、めずらしく、ブックカバーをかけてもらいました。


180623 有隣

↑有隣堂名物の無料紙「有隣」。556号(!)の1面には、佐藤多佳子さんが「がんばれ、横浜DeNAベイスターズ!!」なる一文を寄せています。


新刊書店は以上です。あとは、参考情報ということで。


180623 伊勢佐木書店 外観

↑伊勢佐木書店。こうしてショップの看板だけ見ると、伊勢佐木町商店街を代表する新刊書店か何かに見えるんですが(「文具/本」とあるので、よけいにそう見えます)、実際はアダルト系のショップ。(「文具」の扱いは実際にはあるんでしょうか……。)


180623 伊勢佐木書店 看板180623 伊勢佐木書店 看板2

中は見ていないのですが、何か貼り紙が出ているので、確かめてみると、《緊急なお知らせ 8月迄頑張ります ダメだったら…閉店します!》という貼り紙が出ていました。


180623 BOOK OFF PLUS 外観2

↑そのはす向かいにあるBOOKOFF PLUS 横浜伊勢佐木モール店。地下1階、地上5階の大型店。


ブックオフでは本を買うことはほとんどないのですが、最近は、とくに大型店では楽器類の扱いがあったり、おもちゃの扱いがあったりするので、必ずチェックするようにしています。


ところで。関内といえば、この6月にセルテ内に「関内ラーメン横丁」がオープンしています。関連記事はたとえばこちら


180623 関内ラーメン横丁 チラシ180623 関内ラーメン横丁 1180623 関内ラーメン横丁 2

早速訪ねてみると、ランチと夜の間の中途半端な時間だったせいか「支度中」で、ラーメンを試すことはできませんでした。残念。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad