fc2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

やっぱりアナログレコードはいいなあ……2枚組ライヴアルバム、ジャケットギャラリー【更新】

(前回に引き続き、本にも本屋さんにもまったく関係のない記事です。)


2枚組ライヴ、が好きなんです。YouTubeでライヴ映像に簡単にアクセスできる今と違い、ぼくらの世代が中高生のころは、アーティストのリアルな演奏にふれる機会といったら、実際にライヴに足を運ぶしかなく、それはお金も機会もない中高生にはたいそうむずかしい。なので、ライヴ盤というのはいま以上に本当に貴重な「音源」だったんですよね。



というわけで、今回は、思い入れのあるライヴアルバムたち2枚を対にして、紹介してみようと思います。ブラックミュージックやジャズ・フュージョンにも2枚組ライヴはありますが、そちらに話を広げると大変なので、今回はロック系に限定します。(前回のSF映画サントラ編同様、CDで所有しているものは含めていません。)


ジャケ写 オールマン ライヴジャケ写 ディープ・パープル ライヴ

↑オールマン・ブラザース・バンド『フィルモア・イースト・ライヴ』、ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』。2枚とも、ぼくにとっては生涯の1枚、みたいなライヴ盤です。中学生のときに出会い、その後のいろいろなものを変えられてしまった1枚なのです。というか、2枚ですね。


いずれも複数ある公演からセレクトされたものなので、完全版みたいなのが出ています。実際、それらも買ったし聴いてみもしましたが、なんだかしっくりこない。実際のライヴの曲順じゃなかったとしても、1つの公演からとられたものでなかったとしても、やっぱり最初に出会ったこのアナログ2枚の選曲・曲順・音がいちばん好きだし、しっくりくるんですよね。


どちらもライヴ音源の多いバンドで、けっこうな数を聴いていますが、やっぱりこの2枚が最高です。


ジャケ写 UFOライヴジャケ写 シン・リジー ライヴ

↑ブリティッシュ・ハードロックから2枚。UFO『UFOライヴ』、シン・リジィ『ライヴ・アンド・デンジャラス』。前者は『Strangers In The Night』と原題もかっこいいんですが、あっさりした邦題に。UFOのライヴは、本人の調子に波があるというか出来不出来の差が激しいマイケル・シェンカーの最高レベルの演奏が聴ける1枚。ほんとなら、マイケル・シェンカー・グループの日本武道館公演をとらえた2枚組『飛翔伝説』とのカップリングで紹介すべきところですが、そちらはあんまり好きじゃないので。「イントゥ・ジ・アリーナ」のライヴバージョンは最高なんだけどなあ。歌ものがなあ……。


一方のシン・リジィは70年代ロックライヴアルバムのベスト選にも顔を出す名盤ですよね。フィル・ライノット(当時はリノット、でした)のジャケも迫力があってgood。「それでもきみを(Still In Love With You)」は、もっとも好きなロックバラードの1つ。むずかしいことは一切していないのに、とにかく聴かせる泣きのギターソロは最高だし、フィリップ・ライノットのやるせないヴォーカルも最高です。


シン・リジィには解散ツアーを収めた『ラスト・ライヴ』もあって、歴代ギタリスト勢揃い(「ザ・ロッカー」ね)みたいなのが聴けて、それはそれでいいんだけど、やっぱりライヴとしてはぜったいにこっちがいいんだよなあ。


ジャケ写 イーグルス ライヴジャケ フェアウェル・ツアー

↑アメリカ勢から。イーグルス『イーグルス・ライヴ』、ドゥービー・ブラザーズ『フェアウェル・ツアー・ライヴ』。イーグルスのはダビングがあるせいか、評価しない声もけっこう聞きますが、ぼくは好き。ライヴ版「ホテル・カリフォルニア」を聴くためだけでも買う価値あり、一聴の価値ありだと個人的には思うのです。ツアーの機材ボックスを模したジャケ(実際に、リベットの部分などにエンボス加工がされています)もgood。ドゥービーは、持ってるはずなのに見当たらない……のでジャケ写なしで。(その後、無事に所在が確認されましたので、アップしました。)


ジャケ写 トライアンフ ライヴジャケ写 ラッシュ ライヴ

↑今度はカナダから。トライアンフ『ステージズ』、ラッシュ『神話大全』。カナダのトリオバンドということで比較されることも多い2バンドだけど、資質はけっこう違っていて、このライヴアルバムにもその違いはあきらか。いい悪いではなく、タイプがまったく違うんですよね。


トライアンフは、日本での人気は今ひとつみたいだったけど、カナダと米国ではアリーナクラスの会場をいっぱいにする(と言われていた)バンド。この時代のベスト選みたいな内容で、「ネバー・サレンダー」やアコースティック版「ホールド・オン」を含むA面と、アコギインスト「ミッドナイト・サマー・ドリーム」を含むC面は最高。


ラッシュも好きだったなあ。この2枚組も、トライアンフ同様、この時代までのラッシュの集大成になっていて、選曲も演奏もgood。「ライムライト」が入っていないことをのぞけば(映像版には入っていたのに)、完全無欠といっていいライヴで、高校時代に聴きまくり(&コピーしまくり)ました。


そうそう、2枚組ライブって、このトライアンフのように、D面(4面)など、一部にスタジオ録音が入っていることもよくありますね。


ジャケ写 キッス ライヴジャケ写 ライヴ・キラーズ

↑ふたたびハードロックで。キッス『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』。マーティ・フリードマンが人類の財産とまで言い切っているライヴアルバム。当時のバンドのありようと勢いをあまさず伝えてくれるジャケも最高だし、「地獄の狂獣」というすばらしすぎる邦題もいい(現在は、『アライヴ! 地獄の狂獣』になっているようです)。キッスの本質がロックンロールバンドであることがよくわかる、全編ハードにロックンロールしまくる1枚で、聴くたびにあがります。


対になる1枚としては、同時期に日本でアイドル的な人気をほこったロックバンドという点で共通しなくもないクイーンの『ライヴ・キラーズ』をあげたいんですが、残念ながらCDで所有……。スタジオ盤よりもハードにロックするクイーンが聴けるライヴなんですが、こちらもダビングがあるせいか、評価しないファンもいるようですね。(追記(2019/4/1):結局買ってしまいました。『ライヴ・キラーズ』。)


レコジャケ サムタイムインNYレコジャケ ウイングスUSAレコジャケ バングラデシュ

↑ビートルたちのソロ作から。ジョン・レノン『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』、ウイングス(ポール・マッカートニー)『ウイングス U.S.A. ライヴ!!』、ジョージ・ハリスン『バングラデシュ・コンサート』。


『サムタイム』はなんといっても、フィルモア・イーストでのフランク・ザッパ&マザーズとの共演が聴けるのがすばらしい。ウイングスのライヴは現在はタイトルを『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』に変えたリマスター盤が出ていますが、やはり元の日本盤アナログで聴きたい作品ですね。『バングラデシュ』は映像で観るほうが好きですが、やはりこのボックス盤は持っておきたいですね。


ちなみに、ジョンのはスタジオ盤+ライヴ盤、ポールとジョージのはLPは3枚組(CDは2枚組)なのでいずれも厳密には「2枚組ライヴ」ではないんだけど、まあ、いいですよね。


レコジャケ クリームレコジャケ BBA Live

↑クリーム『クリームの素晴らしき世界』。クリームは正確には2枚組ライヴアルバムではないんだけれど(スタジオ1枚+ライヴ1枚のカップリング盤)、ギターキッズがこぞってコピーした「クロスロード」を含むライヴ盤の印象が強いので、無理矢理セレクト。


ここで対で紹介すべきは、どちらも音の洪水みたいなトリオバンドということで、BBA『ベック・ボガート & アピス・ライヴ・イン・ジャパン』なんですが、CDで所有……(変にこだわらないで紹介すればいいじゃん、と言われそうですが……)。ジェフ・ベックの長いキャリアのなかでは、BBAにはそれほどの思い入れはないんですが、ライヴバージョンの「ジェフズ・ブギー」はドライヴしまくりでかっこいいですよね。


追記(2018/1/17):……なんてことを書きましたが、安価で中古盤を見つけたので買ってしまいました。


(NO IMAGE)


↑レッド・ツェッペリン『永遠の詩(狂熱のライヴ)』、レインボー『レインボー・オン・ステージ』。どちらも、バンドとしては大好きなのに、スタジオ盤は好きで聴いているのに、2枚組ライヴアルバムはそんなに好きじゃない、という共通点のある2枚。レインボーのライヴ盤に、個人的に好きなところがあるとしたら、ロニー・ジェイムズ・ディオが歌う「ミストゥリーテッド」が聴けるところかなあ。(どちらも持っていたLPを処分してしまったので、ジャケ写なしです。でも、ふれてはおきたかったので……。)


ジャケ写 S&G ライヴジャケ写 トーキングヘッズ ライヴ

↑サイモン・アンド・ガーファンクル『セントラルパーク・コンサート』、トーキング・ヘッズ『實況録音盤 トーキング・ヘッズ・ライヴ』。『セントラルパーク』はテレビで放映もされましたよね。1981年だから、ぼくが中学生のときですよ。なつかしいなあ。


直訳すると「このバンドの名前はトーキング・ヘッズ」となる原題もかっこいいトーキング・ヘッズのライヴは、時期違いのライヴを組み合わせたもの。名盤『リメイン・イン・ライト』発表後の1980年のライヴがとくに最高です。


ちなみに、なぜこの2枚が対かというと……トーキング・ヘッズ、1980年のライヴのほうはニューヨークのセントラル・パークで行われたものだから。


レコジャケ フーズラストジャケ写 キンクス ライヴ

↑ザ・フー『ライヴ・アット・ラスト』。1982年のフェアウェル・ツアーの記録ですが、「フェアウェル」でなかったことはご存じの通り……。ザ・フーのライヴには、『ライヴ・アット・リーズ』という大名盤があって、そちらは今でもしょっちゅう聴くけど、この2枚組は正直、それほど思い入れなし。写真は輸入盤で、日本盤とはジャケ違い。


ストーンズかキンクスか、ブリティッシュロックの2枚組ライヴを対であげたいところですが、適当なのがない。ストーンズは『ラヴ・ユー・ライヴ』がありますが、CD所有だし、ストーンズのライヴでいちばん好きというわけでもなかったりするしなあ。


追記:……と書きましたが、これがありましたね。キンクス『ワン・フォー・ザ・ロード』。アリスタ移籍後、1980年の作品なので、全体にハードロック調な感じではありますが、この時点での既発ライヴ2枚と違い、まさにキンクスのステージの様子をばっちりとらえたものになっていて、個人的にはけっこう好きな1枚です。


ジャケ写 マジック・サム ライヴ

↑マジック・サム『ライヴ』。ブラックミュージックは別枠と思っていて、今回も入れないつもりだったんだけど、これは入れてもいいなあ。1曲目の、客が一緒に歌い出すところは何度聴いてもぐっときます。ハードブギの「I Feel So Good」など、ロック好きにも聴いてほしいブルースのライヴ名盤。これはちょっと対で紹介したくなるものが思い浮かばないなあ。CD版とはジャケ違い。



こんなところです。上記以外だと、たとえば、フランク・ザッパ『雷舞イン・ニューヨーク』も大好きなライヴアルバムですが、これ、アナログレコードの物理的制限(収録時間)のために、曲が削られていたのが、CD化にあたって追加されています。このようなパターンの場合(つまり、先述のような、完成した作品としてのライヴアルバムの「完全版」が後で出る場合と違い、本来、アーティストの意向とは違ったかたちで作品化されていた場合)、アナログにこだわるのも筋違いのような気がしますから、CDで所有、CDで聴いていますから、ふれませんでした(ジャケがかっこいいので、曲の問題がなければ、ほんとはアナログで持っていたい盤の1つなんですけどね)


最初にお断りした通り、CD所有のものや2枚組でないものは取り上げませんでしたから(一部、ふれちゃいましたが;苦笑)、大した数ではありませんが、ずらりと並べて紹介してみました。記事を書くために引っ張りだしたら、どれもこれもなつかしくて、片端から聴き直したくなりましたよ。


2枚組で、しかもブックレットがついていたりすると、厚み重みも相当なもの。ブツとしての存在感がCDとはぜんぜん違いますよね。しかも、アナログで2枚組だったものがCDでは1枚に収まっちゃたりすることもめずらしくありませんから、1枚ものCDになった場合の、存在感の差たるやもう……。


というわけで、アナログレコードで聴く2枚組ライヴ盤、いいものですよ。上に紹介したものは、中古レコード屋さんでふつうの値段で買えるものがほとんどですし、なかには新品・重量盤で出ているものもありますから(その場合、少し値が張る場合もありますが)、昔好きだったアーティストのレコードをレコード屋さんで探してみるのはどうでしょう。デジタルで聴くのとはまた違った楽しさがあると思いますよ。



追記(2020/1/11):記事に、CDで聴いているのでとした『ザッパ雷舞イン・ニューヨーク』、40周年記念盤が出ましたので買ってしまいました。


ジャケ写 ザッパ LIVE IN NY

この盤については、こちらの記事を。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する