空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』……新たな本屋本がまもなく発売になります

まもなくこんな本屋本が出ます。



書影 街の本屋さん

書き手はBOOKSHOP LOVERなる、本屋愛あふれる、ナイスな筆名というかハンドル名でも知られる和氣正幸さん。本人のサイトから内容紹介を引くと、こんな本です。



《東京には、個性豊かな“街の本屋さん”がたくさんあります。 工夫を凝らした棚作り、見た人がワクワクできるラインナップ、ほっと落ち着ける空間、本の魅力をより多くの人に伝えるイベント……。 その街の風景になじみ、地元の人々に愛されながら、唯一無二の魅力を持つ存在。本書では、そんな東京の“街の本屋さん”を、エリア別に120店以上紹介したガイド本です》。


《すべてのお店の外観写真と、目印になるものも紹介しているので、道に迷うことなくたどり着けます》というあたりが、実際にあちこちの本屋さんに足を運び、熱心に本屋紹介に取り組んできた人らしいところですね。


本書には、わたくし空犬も少しだけ情報を提供しています。本屋フリペに関する取材を受け、実際のフリペを例に本屋フリペのおもしろさについての話をしました。コラムとして掲載されています。


発売は6/20ごろとのことです。本と本屋をこよなく愛する本屋ライターの初著書です。本屋好きのみなさんはぜひ手にとってみてください。



発売後、6/23(金)には東京・西荻窪でこんな出版刊行記念イベントが開催されるようです。



登場するのは西荻窪の有名書店人3人。旅の本屋のまどの店主・川田正和さん、今野書店の代表取締役・今野英治さん、古書音羽館の店主・広瀬洋一さん。この3書店人が「本屋と街」をテーマに話をするとなれば、本屋好きなら気になりますよね。料金、時間、申し込み方法など、詳細は、イベントの案内ページをどうぞ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad