空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

小さなサイズに武蔵野・三鷹エリアの情報がぎっしり……『武蔵野・三鷹市民豆本帖。』

先日、BOOKSルーエでこんな地元本を手に入れましたよ。



書影 武蔵野・三鷹市民豆本帖

文庫判よりもひと回り小さいサイズ。85×120mmで、並製、192ページ、オールカラーです。どういう基準で選ばれたものかはわかりませんが、武蔵野市・三鷹市の自然・名物・歴史などが写真と文章で紹介されています。


本関係の記述もけっこうありますよ。作家では独歩や太宰が、出版社では吉祥寺の一人出版社、夏葉社が、印刷・出版では文伸が、図書館では武蔵野プレイスが、文学記念館では三鷹市山本有三記念館が、それぞれ取り上げられています。あと、分類しづらいのですが、三鷹市星と森と絵本の家も。


書店ではBOOKSルーエプーの森が載っているのですが、めずらしいのは、お店の紹介ではなく、フリーペーパーの紹介がメインになっていることです。「ブックトラック」(BOOKSルーエ単独のペーパーではありませんが)、「プーの森便り」(プーの森のフリペ)、「りとるのいす」(三鷹にあった児童書専門店りとるが、無店舗になっても継続発行しているフリペ)の3種。この他、古書店としては、古本カフェのフォスフォレッセンスも紹介されています。


この記事を書くために検索してみましたが、発行元の一般社団法人地方創生支援協会のサイトにも情報がありませんし、主要オンライン書店にも情報がありません(本稿執筆時点で)。武蔵野・三鷹以外のエリアでふつうに買えるものなのかどうかわかりませんが、このエリアに住んでいたり、仕事や買い物で利用したりする機会の多い人なら楽しめる内容になっているのではないかと思います。武蔵野・三鷹エリアの本屋さんで探してみてください。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/05/08(月) 00:17:12 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/05/08(月) 08:43:31 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

豆本

情報、ありがとうございました。

  • 2017/05/08(月) 21:57:44 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad