空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ご報告

しばらく前の記事に、『ぼくのミステリ・クロニクル』第七十回日本推理作家協会賞の「評論その他の部門」にノミネートされたと書きましたが、本日、選考と発表がありました。


「評論その他の部門」は「該当なし」となりました。


170420 日本推理作家協会賞 評論部門

先ほどまで神保町で関係者と残念会をしていたんですが、まあ、とれないだろうなあ、とは自分でも思っていましたから、残念会といっても、実はそんなに残念感はなかったりして、いい記念になったね、ぐらいの感じで、楽しい打上になりました。賞はいただけませんでしたが、ノミネートされただけでも充分という気がしていましたし、とりあえず、何かの区切りにはなった気がします。


本の世界で仕事をするようになってそれなりの年数になりますが、自分の関わった本が、業界の賞にノミネートされるなどという体験は初めてのこと。おそらく、これが最初で最後だろうと思いますが、いい経験をさせてもらいました。


芥川・直木賞や、先日発表のあった本屋大賞のような、一般の注目度も高い、人気の賞とは違った、ジャンル内の賞ですが、それでもノミネートされたというだけで、ぼくの周りの何人かの方は、一緒に喜んでくれました。そのことが、個人的にはいちばんうれしいことでした。応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad