空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

文庫・新書専門の古本屋さん、茅場町の酒井古書店

先日、用事があって日本図書館協会を訪ねてきました。地下鉄の茅場町駅から歩いていったんですが、日本図書館協会のすぐ近くに古本屋さんがありました。酒井古書店


酒井古書店 外観1酒井古書店 外観2

入り口を入ると、正面奥がレジ。店内左右の壁は天井までの背の高い本棚になっていて、店の中央にも本棚が並んでいます。そして、どの棚にも、天井から床まで文庫がぎっしり。単行本や雑誌もわずかにありますが、ざっと見たところ店内の8割方が文庫と新書でした。文庫に力を入れる古本屋さん自体は珍しくありませんが、ここまで徹底しているお店はそんなにはありませんからね。


後で調べたら、お店のサイトには「文庫・新書専門の古本屋」とありました。なるほどなあ。神保町の文庫川村以外に、文庫・新書専門をうたう古本屋さんがあり、しかも、神保町や中央線沿線のような街ならともかく、仕事で訪れた街中でこんなふうに偶然行き会わせるとは、ちょっと意外で、うれしくなってしまいました。


本は、ジャンルごとに分けられていますが、品ぞろえのほうもなかなかのもので、古い文芸や探偵、SFなど、当方の探求ジャンルを見ると、おお、こんなのが並んでいる!といった本が、どのジャンルにもありました。量だけ見れば、新古書店の文庫コーナーでこれ以上の数をそろえているところはいくらもあるでしょうが、なんといっても、中身がぜんぜん違います。このような品ぞろえの店はなかなか見かけることがありませんからね。


書影 ピー・アイ・マン

↑しばらく前に『破壊された男』を読んで、ベスター熱が盛り上がっていたので、手放してしまったのか本棚に見あたらなかったこちらを買ってきました。『ピー・アイ・マン』。昔の創元推理文庫らしい表紙がgood。


ちょうど昼どき(昼休みの時間帯でした)だったせいか、店内にいると、店主の「いらっしゃいませ」という声が続けて聞こえてきます。いくら昼どきにしても古本屋さんにしてはずいぶんと途切れずに客、それも男性客が入ってくるのだなあ、と思ったら、タバコを求めるお客さんでした。新刊書店でタバコの扱いがあるところはめずらしくはありませんが、古本屋さんでタバコ屋さんを兼ねているところは、しかも、よくある、店内に入らずにタバコが買える窓が外に開いているタイプの売り場ではなく、店内のレジでタバコを売っている、というのは(ぼくが知らないだけかもしれませんが)ちょっとめずらしいのではないでしょうか。(食品ではありませんが、やはり口にするものですから、古本屋さんでは一般には扱いにくいようなイメージがあるので、へえ、と思わされたのでした。)


場所は、地下鉄の茅場町が最寄り駅で、八丁堀からも歩けます。あと、ちょっとがんばればJR東京駅も歩けるかな、という立地です。地図はこちら。近くに日本図書館協会はあるものの、おすすめのブックスポットが複数あるわけではないので、わざわざということになってしまうかもしれませんが、近くにお出かけの際は寄ってみてはいかがでしょうか。文庫好き、とくに絶版・品切れなど、古い文庫で探しているものがあるという本好きなら、楽しい時間を過ごせそうですよ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad