空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「ぶんこでいず」の発行店、TSUTAYA寝屋川駅前店

数ある本屋フリペのなかでも、本への愛情と1枚にこめられた情報量ではもしかしたらいちばんかもしれない……読んでいると、そんなふうに思えてくるのが「ぶんこでいず」。発行は大阪・寝屋川市にあるTSUTAYA寝屋川駅前店で、フリペを手がけているのは、同店の文庫担当、ねこ村さん。


「ぶんこでいず」については、版元ドットコムの連載「本屋フリペの楽しみ方」で取り上げましたので、そちらをご覧ください。


その連載にも書きましたが、「ぶんこでいず」は残念ながら2017年1月に発行された号をもって終刊となってしまいます。ちなみに、「ぶんこでいず」が終刊になるのは、ねこ村さんがお店を離れることになったため。


フリペを長く手がけてきたねこ村さんは、同店の文庫・文芸書担当で、お店の棚をフリペと同じテイストで、楽しくにぎやかに飾ってきました。つまり、そのねこ村さんがお店を離れるということは、ねこ村さんが手をかけてきた文庫や文芸の棚も変わってしまう、ということになります。当方が訪問したときは、すでにねこ村さんが自分で作られたPOPやチラシなどの整理・処分を始めていたところでしたが、まだ棚のあちこちに「ねこ村」印が濃厚に残っていましたので、店内の様子を撮影させてもらいました。


というわけで、今回は、「ぶんこでいず」発行店、TSUTAYA寝屋川駅前店の店内のうち、主にねこ村さんが手がけてきた文庫・文芸書棚の様子を、写真中心で紹介したいと思います。(店内写真はすべてお店の方に断って撮影したものです。写真は2016年11月末ごろの様子で、お店の様子は変わっている場合があります。)



1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 入り口1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 入り口2

↑入り口の様子。


お店は2フロアで、今回紹介する文庫売り場・文芸書売り場は1階にあります。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店

↑入り口を入るとこんな看板が迎えてくれます。「2時間あれば本で世界は変えられる。」のキャッチの下に、スタッフのおすすめ本の紹介カードが並んでいます。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 おすすめ

↑こちらは文庫棚の側面を利用した「今月のスタッフオススメ文庫!」。「ぶんこでいず」の(訪問時の)最新号も並んでいます。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 文庫棚11611 TSUTAYA寝屋川駅前店 文庫棚21611 TSUTAYA寝屋川駅前店 文庫棚3

↑文庫売り場。棚のあちこちに、「ぶんこでいず」でおなじみの、ねこ村さんによる描き文字やイラストが駆使されたPOPやチラシが見えます。真ん中の写真では、バックナンバーがずらりと並んでいます。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 ぶんこでいず1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 ぶんこでいず5周年

↑「ぶんこでいず」は棚に、その号で取り上げた本と一緒に並んでいたりすることも。左は、2016年7月号で5周年を迎えたことが本紙でおなじみのねこのイラストで告知されています。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 桜風堂11611 TSUTAYA寝屋川駅前店 桜風堂2

↑ねこ村さんがおしている作家、応援している作家はたくさんいますが、そのなかの一人が村山早紀さん。昨年秋に出た新刊『桜風堂ものがたり』を中心にサイン本、色紙、応援ペーパーなどがずらり。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 平台

↑文庫の平台。こちらも大変ににぎやかな並びになっています。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 文芸書1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 本の本1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 星空の下

↑文芸書の棚。文庫棚でもフィーチャーされていた村山早紀さんの新刊サイン本や、「本の本」、フェア「星空の下、本を読もう」などが見えます。


1611 TSUTAYA寝屋川駅前店 ぶんこでいずレジ

↑レジにも「ぶんこでいず」が。


ぶんこでいず 最終号ぶんこでいず 特別号2種

↑「ぶんこでいず」の最終号(左)。右は特別号として作られたペーパー2種。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2712-e8d99a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)