FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

発表! 第136回芥川賞・直木賞の候補作品

第136回芥川賞・直木賞の候補作品が発表されましたね。「芥川賞・直木賞候補作決まる 選考会は16日」(朝日新聞)。リストアップしておきます。


●芥川賞


  • 青山七恵「ひとり日和」(『文藝』秋号)
  • 佐川光晴「家族の肖像」(『文学界』12月号)
  • 柴崎友香「その街の今は」(『新潮』7月号)
  • 田中慎弥「図書準備室」(『新潮』7月号)
  • 星野智幸「植物診断室」(『文学界』9月号)


●直木賞


  • 池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)
  • 荻原浩『四度目の氷河期』(新潮社)
  • 北村薫『ひとがた流し』(朝日新聞社)
  • 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(講談社)
  • 白石一文『どれくらいの愛情』(文芸春秋)
  • 三崎亜記『失われた町』(集英社)



芥川賞は前回が前回だったこともあり、また当方の好みの問題もあって、今回の候補リストを見ても、個人的にはどうもあんまりノレません。とはいえ、やはり一小説読みとしては、新たな書き手には出てきてほしいし、新たな作家や作品と出会いたいという気持ちはありますから、無視はできないんですよねえ……。それに何より、いくら往時の輝きはないにせよ、あまたある文学賞のなかで世間的な注目度がダントツであることには変わりはないわけですから、受賞作家や作品が話題になって、本が売れ、書店の店頭がにぎわってほしいとも思うのです。


毎度のことではありますが、芥川賞に比べると直木賞は、この人、直木賞まだだっけ、という感じの人も含むメンツで、どれが獲るのか、レースでも見るような楽しみが残されたリストになっていますね。賞の予想をしたりはあまり得意でも好みでもないのですが、佐藤多佳子と三崎亜記のダブル受賞だったりすると、なんとなくうれしいです。


選考会は16日。書店のみなさん、特に文芸担当の方は、これから本の確保や棚作りで忙しくなったりするんでしょうね。賞レースの行方については、あらためて本ブログでもコメントしたいと思います。


◆今日のBGM◆

  • The Smiths『The Smiths』


スポンサーサイト

コメント

疑問感じます

芥川賞はともかく直木賞の候補者は毎度ながらひどいですね。
北村薫はじめこれらの方にこれからあげてもしょうがないでしょう。
ご本人たちはうれしいでしょうが。

新人賞なのだから、本来は(多少の欠点はあっても)
これから伸びるであろう人にあげるべきはず。
それなのに、すでに実績を積んだ人にあげては
新人賞としての意味がないばかりか、
選考元としてリスクをまったく負っていないわけでとってもずるいです。

もっとも、誰が直木賞を取ろうが私には一切の影響がないので
どうでもいいですけどね。

  • 2007/01/06(土) 05:13:20 |
  • URL |
  • じっちゃん #4o1CV0zs
  • [ 編集 ]

賞はフクザツで……

なかなかにきびしいご意見で(苦笑)。

直木賞は定義的には新人賞なんでしょうが、新人賞としての性格を失って久しいですからね。Wikiにある《新人賞としては最高の権威を持ち、また特に大衆文学の場合には直木賞受賞後文筆によって生計を立てるに充分な筆力が勘案されがちなこともあって、現在では実質的に中堅作家に対する賞となっているといってもいい》というのが実状ですから。

とにかく、個人的には、賞レース自体にはさしたる興味がないのですが、本文にも書いたように、賞がきっかけで多少なりとも出版界や書店業界が盛り上がるのであれば、それはそれで意味があるのかなあ、ぐらいに思っています。

  • 2007/01/06(土) 19:32:10 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

すみません。強い調子になってしまいましたか。
直木賞の性格が変わっているのは承知ですが、
今の賞のありかたはいろいろな点でイヤな面が目に付くので、
できれば創設時の精神を取り戻してほしいなと思っていたもので。
ないものねだりでしょうね。

  • 2007/01/07(日) 04:19:12 |
  • URL |
  • じっちゃん #4o1CV0zs
  • [ 編集 ]

わかる気も……

いえいえ、気になる話題については、率直なところを書いてもらうほうが、取り上げる側としてもいろいろと参考になりますから。

賞については、個人的にも気になること、言いたいことがないわけではないのですが、最近は、個人的な興味よりもむしろ、出版界的に、書店業界的に盛り上がるかどうかが気になっています。なもので、賞関係をここで取り上げるときは、そういうスタンスでいこうかなと思ってます。

とはいえ、自分の趣味に合わない作家や作品が受賞したりしたら、思わず苦言めいたことを書いたりしてしまいそうですが……(苦笑)。

  • 2007/01/07(日) 19:25:20 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/271-58b9b1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad