空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

本の処分

なにしろ、大変なペースで本を買うものですから、すぐに本棚の周囲が大変なことになります。


本がたくさんあるのは見ているだけでもいいものなので、できればそのまま増えるにまかせておきたいところ、放置しておきたいところなんですが、我が家のスペースは独りで使っているわけではありませんから、さすがにそのままというわけにはいきません。定期的に本の整理が必要になります。


で、ここ何度かの休みを使って、本の整理を断行。けっこうな冊数を処分しました。この場合の処分は、古本屋さんに引き取ってもらう、の意です。



本を整理するときはいつもそうなんですが、判断を迫られるのは、とっておくかどうするか、今後読むかどうかボーダーにあるものたち。それらをざっとチェックしてはふるいにかけるというのを繰り返すわけです。そういう作業を続けていると、内容的にも趣味興味的にも「微妙なもの」ばかりを続けて読むことになったりしがちです。また、そうしたざっと目を通しては残す残さないに振り分ける、という作業はどう考えても、読書とは言いがたい行為で、事務作業でもしているかの気分にさせられます。つまり、疲弊するわけです。本を相手にしているというのに。ちょっとさびしい感じもしますよね。


でも、そういう作業の過程で、買ったまま忘れていた本に「再会」したり、山に埋もれていた本を「再発見」することもあります。また、ふるいにかけるために最初の数ページを読んでみたらこれがおもしろくて、ついつい読みふけってしまい、作業中であることにはっと気がつき、後でゆっくり読もうと、残しておくことにした本もあったりします。そんな再会や再発見がありますから、振り分け作業は大変だし精神的に疲弊させられることもあるけれど、こういう整理は定期的に必要なのだなあ、とも思うのです。


以前は、古本屋さんに引き取ってもらう際に、その買い取り値の安さに、はあ、とため息をつかされることも多かったのですが、最近は、(もちろん高く売れたらそれはそれでうれしいのですが)あまり値段は気にならなくなりました。中身をじっくり読んだ本にあまり値段がつかなくても、そんなものかと思えるようになりましたし、仮に、買った後ちゃんと読んでなくても、ざっと読んだら合わなそうだとわかった、比較的状態の良いものに値段がつかなくても、気になりません。本屋さんで買うときは買い物自体を楽しんだわけですし、短期間かもしれませんが、新たな本を手元に置く楽しみも得られたのだから、もう十分元はとったと思えるようになってきたんですよね。


それに、捨ててしまうのならともかく、こうして古本屋さんに引き取ってもらえるわけですから、また別の本読みの人の手に届くかもしれませんし、また別の人の役に立てるかもしれませんしね。


実際、『本屋図鑑』や『本屋会議』のような本の調べ物や執筆に携わっていたときは、資料本を山のようにあたりましたが、新刊で手に入る本ばかりでは当然ありませんから、古本の資料にもずいぶん助けられました。他の人が手放し、古本屋さんに出してくれたからこそ、そういう資料を手に入れて、中身をチェックすることができたわけですからね。自分の手放した本も、そうして誰かの目にとまるかもしれないと思うと、買った本は自分のものだけど、でも、自分のもの「だけ」でもないような気もしてきます。


と思っていたら、そうそう、そんなことを書いていた人がいたなあ、と思い出しました。本棚を探したら、内堀弘さんの古本エッセイ『古本の時間』(晶文社)にこんなくだりがありました。


《本は誰のものでもないように思う。いつも次の誰かに読まれるためのものだ。だからといって、泣く泣く手放すこともない。でも、古本屋に本を売るのは、そんなに本が可哀想なのだろうか。私は古本屋だけど、ここに来た本は本当に幸せだと思っている。本を次に活かすための努力を、ここでは愚直なほどに惜しまないからだ》。


書影 古本の時間



追記:ちなみに、今回の作業を含め、この1年ほどの間に、思い切って処分したのは、長く買い集めてきた、本の本と、東京本です。前者は、この分野の研究者や評論家は別にして、当方のような素人としては、それなりにそろえているほうだという自負もあったんですが、でも、『本屋図鑑』『本屋会議』の作業が終わり、さらに、『ぼくのミステリ・クロニクル』も書き上げた今、この分野の本は、より必要な人のところに届くようにしたほうがいいかもしれないなあ、などと思ったのです。


文庫が中心ですし、とくにレアな本があったわけではありませんが、分量的にはそれなりになっていた東京本も、とくにお気に入りのものを少しだけ残して、思い切って処分してしまいました。もともとコレクタータイプではないのに、コレクションめいた買い方をはじめてしまうと、とくに強く読みたいわけでも、持っておきたいわけでもないものまで、東京本だからというだけの理由で買ってしまうので、いつのまにかなんとも微妙なコレクションになりつつあったんですよね。


これまでせっせと買い集めていた本の本や東京本を手放す山に入れているのを見た家族がひとこと。「そういうの、処分しちゃうんだ。こっちのは残すのに?」。「こっちの」といった家族の視線の先には、特撮本がたっぷり詰まった棚があったのでした……。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad