空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

夏葉社新刊『神保町』入手……神保町ブックフェスティバルは大盛況でした

先日の記事で紹介しました夏葉社の新刊、今日、神保町ブックフェスティバルに出ていた夏葉社のワゴンで買ってきましたよ。



書影 神保町

活字が使われているのは帯だけ。本体は、扉も本文も奥付もすべて得地直美さんの手描き文字。得地直美さんのイラストと描き文字をたっぷりと楽しめるつくりになっています。


まえがきによれば、本書に掲載のイラストが描かれたのは2010年から2016年とのこと。神保町は町の様子がそれほど大きく変化しているわけではない場所のように勝手に思っていました。実際、新宿や渋谷などの繁華街での町の変化に比べればそれはおとなしいレベルのものなんでしょうが、それでも、得地さんのイラスト見ていると、なくなってしまった店、変わってしまった店がいくつもあることに気づきました。


たとえば、今日、神保町ブックフェスティバルが開催されたすずらん通り、さくら通りと白山通りが交わる交差点1つとっても、スーパーの富士屋はもうありませんし、セブンヘアー(理容室)もありませんが、2店とも得地さんのイラストにしっかりと当時の様子がとらえられています。(前者の閉店は2013年、跡地はドラッグストアになり、後者は神保町交差点の稲垣ビルに移転、すずらん通り角の跡地は銀だこになっています。)


ちょっと脱線しました。得地さんのやわらかなタッチのイラストは、いろいろなことを思い出させてくれますし、そんな店の出入りなどの町の変化についても考えさせてくれます。町を実際に歩いているかのように、脳内散歩を楽しめるのです。


価格は1700円(+税)。今回は先行販売だったため、まだ一般の書店には並んでいませんが、11月4日取次搬入予定とのことで、来週半ばには店頭に並び始めるものと思われます。店頭で見かけたら、ぜひ手にとってみてください。


サイン 神保町

↑夏葉社のワゴンには得地直美さんご本人もいらっしゃったので、その場でサインを入れてもらいました。


161030 神保町ブックフェスティバル 01161030 神保町ブックフェスティバル 02

↑神保町ブックフェスティバル、大変盛況でした。すずらん通りは本好きのお客さんたちでぎっしり。本の買い物だけでなく、飲食を楽しむ人もたくさんいました。毎年のように目にしている光景ではありますが、本のイベントにこれだけの人が集まっているのを目にすることができるのはやはりうれしいものです。歩くだけでも大変だけれど、ぶらぶらしているだけで楽しいひとときでした。


161030 神保町ブックフェスティバル 夏葉社

↑神保町ブックフェスティバル、初出展の夏葉社。なりゆきで、途中から、島田さんと一緒に夏葉社のブース当番をする格好に。ちなみに、ぼくが駆けつける前はキッチンミノルさんと得地直美さんがブース当番をしていました。夏葉社ファミリーでのワゴン販売という感じですね(笑)。楽しかったけど、寒かった!


ちなみに、『神保町』、用意していった分を完売というところまではいかなかったようですが、いいペースで売れていたようですよ。


スポンサーサイト

コメント

いつも拝見させていただいております。

関西で暮らす書店員としては、
東京で開催される書店・書籍イベントに参加できず、
いつもイベントのお知らせFAXを眺める日々です。笑

参加できない分、こちらの記事で勉強させていただいております!
イベントや書店めぐりなど、楽しみにしておりますので
お体に気をつけて、頑張ってください!

陰ながら応援しております。

  • 2016/10/31(月) 22:16:13 |
  • URL |
  • うぃざーど。 #S90rSSAo
  • [ 編集 ]

ありがとうございます!

うぃざーど。さん>
訪問&コメント、ありがとうございます。

あたたかいコメント、とてもうれしいです。
一方的に発信するばかりで、読んでくださる方の
声を聞く機会はほとんどありませんので、
このように声をかけていただけると
とても励みになります。

  • 2016/10/31(月) 22:46:31 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/11/07(月) 13:26:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

申し込み

承っております。

  • 2016/11/14(月) 21:08:41 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad