空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

短い物語の名作が満載!……『30の神品 ショートショート傑作選』

『異色作家短篇集』を愛してやまない「奇妙な味」好きの本読みとしては手にとらざるを得ない、こんなアンソロジーが出ましたよ。



書影 30の神品

「ショートショート」の傑作選とあるんですが、タイトルにある「神品」クラスを集めたというのが本書のポイントということなんでしょう。星新一「おーい でてこーい」とか、O・ヘンリ「賢者の贈りもの」とか、ビアス「アウル・クリーク橋の一事件」とか、コリア「ナツメグの味」とか、サキ「開いた窓」とか、ジェイコブス「猿の手」とか、下手すると「今さら」などと言われてしまいそうで、アンソロジーに入れるのがちょっとためらわれてしまいそうなレベルの、超のつく名作がこれでもかという感じで入っているのがすごい。このあたりの有名作は、いずれもアンソロジーの定番ですが、これらを1冊でカバーしたものって、過去にはなかったのではないでしょうか(って、別にショートショート/短編のアンソロジーを網羅的に調査したりしたわけではありませんが)



もちろん、単に有名どころを集めた1冊というわけではありません。おそらくは知名度という点では目次に並ぶ他の名前に比べ劣るであろう(でも、読者から熱狂的に愛されている程度で言えばなんの遜色もないであろう)ボンテンペルリが選ばれていたりするのも、うれしいところ。そうなんです。たしかにこの分野ではよく知られた名前、有名作品がずらりと並んではいますが、読む人によっては、本書で出会うのが初めてという作家・作品もありそうなんですよね。ちなみに、ぼくは、岸田今日子「冬休みに あった人」が未読でした。


これ、よくあることなんですが、版元の紹介ページの情報はあっさりしているのに、Amazonやその他のオンライン書店には詳細な内容紹介が載っていることってありますよね。本書もそのパタンで、先にリンクした版元の内容紹介ページには収録作一覧がないので(これが肝なのに!)、こちらに収録作をあげておきます。


アルフレッド・ヒッチコック「クミン村の賢人」
和田誠「おさる日記」
ヘンリイ・スレッサー「最後の微笑」
阿刀田高「マーメイド」
リチャード・マシスン「一年のいのち 」
半村良「箪笥」
レイ・ブラッドベリ「みずうみ」
星新一「おーい でてこーい」
フレドリック・ブラウン「後ろで声が」
眉村卓「ピーや」
O・ヘンリ「賢者の贈りもの」
筒井康隆「駝鳥」
アンブローズ・ビアス「アウル・クリーク橋の一事件」
中原涼「地球嫌い」
サキ「開いた窓」
かんべむさし「水素製造法」
マッシモ・ボンテンペルリ「便利な治療」
都筑道夫「らんの花」
ジャック・リッチー「旅は道づれ」
赤川次郎「指揮者に恋した乙女」
アイザック・アシモフ「不滅の詩人」
岸田今日子「冬休みに あった人」
W・W・ジェイコブズ「猿の手」
江坂遊「かげ草」
F・R・ストックトン「女か虎か」
城昌幸「ママゴト」
ロバート・ブロック「夫を殺してはみたものの」
山川方夫「待っている女」
ジョン・コリア「ナツメグの味」
小松左京「牛の首」


こうして並べると壮観。これに江坂遊さんのまえがきとあとがきがつきます。読みたくなりますよね。


本書については、牧眞司さんがその魅力をばっちり紹介してくれている一文がありますので、ぜひそちらをどうぞ。「【今週はこれを読め! SF編】ショートショート・マニアが地団駄を踏み、そして平伏す一冊」(BOOKSTAND)


以前の記事で紹介しましたが、扶桑社文庫(扶桑社ミステリー)にはジョン・コリア、チャールズ・ボーモント、ロバート・ブロックら、異色作家短篇集の作家たちの作品を1巻ずつにまとめた「予期せぬ結末」というシリーズ3巻もあります。こういうのがありますから、ふだんそんなに購入したり読んだりする機会がないレーベルでも、チェックを怠るわけにはいかないんですよね。こういう作品たちに、新刊案内やWEB/SNSの情報ではなく、店頭で出会えるとやっぱりうれしさもひとしおだったりしますからね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する