空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

かまくらブックフェスタを初訪問……トークイベントも充実の内容でした

先日の記事で紹介しましたかまくらブックフェスタ。残念ながらあいにくの天気でしたが、鎌倉まで出かけ、ブックフェスタを訪問、トークイベントにも参加してきましたよ。


かまくらブックフェスタの会場は、駅から徒歩数分のgarden&spaceくるくる


161008 かまくらブックフェスタ 看板161008 かまくらブックフェスタ 入り口

↑こちらが看板と入り口。この入り口の雰囲気、なんか古き良き児童文学の世界に出てきそうな感じですよね。わくわくさせられます。



会場は、雰囲気のある木造の建物で、緑でいっぱいの庭がとてもいい感じです。


161008 かまくらブックフェスタ 会場1161008 かまくらブックフェスタ 会場3161008 かまくらブックフェスタ 会場4

↑こちらが会場。靴を脱いであがります。展示は1階と2階に分かれています。1階には主催の港の人他が、2階には羽鳥書店や夏葉社が出展していました。


161008 かまくらブックフェスタ 会場2

↑紅茶や珈琲を用意して、読書をしたくなるような庭ですよね。


中の写真は撮れませんでしたが、どの社のスペースの前にも人が常にいる、という感じで、たくさんの本好きで会場はにぎわっていましたよ。羽鳥書店の糸日谷さんとしばしおしゃべり。夏葉社の島田さんは大人気で、常に訪問客に話しかけられている状態だったので、話せませんでした。


ブックフェスタを一巡した後、近くの由比ガ浜公会堂に移動、トークイベントに参加してきました。トークイベント「本屋がなくなったら、困るじゃないか 鎌倉ぐびぐび会議」がどんなものかは、先日の記事で紹介済みですので、ここでは繰り返しませんが、1時間半ほどがあっという間の楽しいトークでした。


161008 かまくらブックフェスタ トーク

出演の末崎光裕さん(西日本新聞社出版部;写真左)、藤村興晴さん(忘羊社;写真右)は、福岡の地域ブックイベント「ブックオカ」を10年一緒にやってきた本仲間であり飲み仲間同士。二人でのトークはお手の物といったところでしょう、息もぴったりで、あちこちで笑いをとりながら、会場の参加者を巻き込みながらの、見事な進行でした。


『本屋がなくなったら、困るじゃないか 11時間ぐびぐび会議』(西日本新聞社)を読んでいる身にも話題のかぶりなどまったく気にならずに楽しく聞けましたし、読んでいない人ならなおのことトークを楽しめたうえに、本も手にしたくなったのではないでしょうか。


そうそう、会場の参加者を巻き込みながら、と書きましたが、当方も「巻き込まれた」参加者の一人(笑)。お二人には博多で数度お会いして、夜遅くまで酒席を共にしたりもしてはいるんですが、けっこう間が空いていて、久しぶりの再会です。しかも、トーク開始前は時間がなくて、あいさつも交わせなかったんですが、まるで、先週までふつうに飲みにいっていたみたいに、「ところで、空犬さん……」と、ものすごく自然に話をふってこられるんですよね。最初はびっくりしましたが(会場には当方のことを知らない「空犬?」みたいな人もたくさんいたはずなので、なんなんだあいつは、みたいに思われた方もいるのではないかと……)、いつのまにか、楽しく巻き込まれていました(笑)


今日は、楽しい思い出しかないブックオカの関係者お二人に再会でき、おもしろいトークを聞かせてもらえ、かまくらブックフェスタと、鎌倉の本屋さんものぞいてくることができて、なんだか妙に充実した、楽しい半日になりました。鎌倉まで遠出(ほんとに遠い……)した甲斐がありました。


かまくらブックフェスタは明日、10/9も開催です。明日もトークイベントが行われ、詩人の平出隆さん、オルタナ編集者の郡淳一郎さん、文筆家の扉野良人さんが出演されるようです。本好きのみなさんは、鎌倉散歩も兼ねて、かまくらブックフェスタとトークイベントにお出かけになってはいかがでしょうか。


その際は、ぜひトークイベントの前後に時間の余裕を持って、駅周辺の本屋さんや、会場までの商店街に並ぶお店を楽しんだりする時間を確保されることを強くおすすめします。しゃれたカフェやスイーツの店が何軒も並んでいるかと思うと、昭和で時間が止まっているとしか思えないおもちゃ屋さんがあったり、新古書店とは雰囲気の異なる古本屋さんらしい古本屋さんがあったりと、駅との間の道の散歩も楽しめますよ。(今日は、途中の店に寄る時間がまったくなくて、ちょっと後悔させられる羽目になりました。)


今日は、たらば書房、島森書店、松林堂書店を短時間訪ねることができたので、それらも紹介したいんですが、ちょっと記事が長くなったので、稿をあらためます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する