空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

かまくらブックフェスタでトーク「本屋がなくなったら、困るじゃないか 鎌倉ぐびぐび会議」」が開催されます

もう6回目なんですね。かまくらブックフェスタ。サイトには、《鎌倉の出版社・港の人主催による本のお祭り。 独自のポリシーをもって活動をする出版社や出版者が自慢の本を販売します》とあります。


かまくらブックフェスタ チラシ表かまくらブックフェスタ チラシ裏

このかまくらブックフェスタ、毎回気になってはいたんですが、やはり東京西部エリア在住者には鎌倉は(主に心理的に)遠く、また秋はイベントが多くて他の用事と重なることが多かったりもあって、これまで一度も行けずにいました。


今年はどうするかなあ、と思っていたら、先日、港の人のIさんから、イベントにぜひ来てほしいと、お誘いメールをいただきました。今年は、10月8日(土)、9日(日)の2日間開催されるようですが、聞けば、うち8日に、なんと、『本屋がなくなったら、困るじゃないか』の関連イベントが開催されるというのです。福岡のブックイベント「ブックオカ」での車座トークを元に、福岡の出版社(西日本新聞社)から刊行された書籍の関連イベントが鎌倉で開催され、しかも、そのトークにも参加したお二人が出演するとは!


    「本屋がなくなったら、困るじゃないか 鎌倉ぐびぐび会議」
    日時:2016年10月8日(土)14:30〜16:00(開場14:00)
    会場:由比ガ浜公会堂
    出演:末崎光裕(西日本新聞社出版部)・藤村興晴(忘羊社代表)
    入場料:1000円
    予約・問い合わせ:港の人(鎌倉市由比ガ浜 3-11-49)
    0467-60-1374
    kamakura●minatonohito.jp(●を@に変えて)

書影 本屋がなくなったら

「かまくらブックフェスタ」のブログ記事から引きます。


《はるばる福岡から参加してくださるのが、「西日本新聞社出版部」と「忘羊社」です。福岡には、ブックオカという今年で11年目という本のお祭りがありますが、このイベントに立ち上げから関わっていらっしゃる末崎光裕さん(西日本新聞社出版部)と藤村興晴さん(忘羊社)に来ていただき、おふたりにはトークイベントもお願いします。題して「本屋がなくなったら、困るじゃないか 鎌倉ぐびぐび会議」。おふたりのリードで、会場の皆さんにも参加していただき、本と本屋をめぐるいろんなことについて、本音で、そして楽しく語り合う時間を持ちたいと思っています》。


福岡には、というかブックオカには個人的に縁があり、出演のお二人にも福岡でお会いし、酒席をご一緒したりしています。本の元になったトークにも参加したかったんですが、かなわず、残念に思っていただけに、本でトークの様子を読めるだけでもうれしいのに、さらに、その続編とも言えるようなトークイベントを関東で聞けるとは! これは行かないわけにはいきませんよね。


予約制で、港の人にメールで申し込むか、たらば書房(鎌倉駅西口)、松林堂書店(鎌倉駅東口)、ブックスモブロ(鎌倉市大町)でチケットを購入するか、どちらかでとのことです。


もちろん、かまくらブックフェスタは、このイベントだけではなく、他にもイベントや展示販売などが予定されています。くわしくは、公式サイト(ブログ)や上に画像をあげたイベントのチラシなどをご覧ください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する