空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

オンリーワン書店=個性派書店について、ラジオの取材を受けました

しばらく前のことになりますが、本屋さんのことで話を聞きたいということで、ラジオの取材を受けましたよ。こちらです。




J-WAVE「TOKYO MORING RADIO」は、別所哲也さんが話し手をつとめる番組で、本屋特集が取り上げられるのは、今回の話をくださった方の資料によれば、《番組内で毎日放送している話題、人物、現象などから“東京の今”を切り取る「TOKYO DICTIONARY」というコーナー》とのことです。


今回の特集は「個性派書店ブーム」について、ということなんですが、番組の内容紹介を引きます。


《今朝のキーワードは<オンリーワン書店>! 最近、街にその個性をウリにする書店が続々と生まれています。 例えば、新宿にある「かもめBOOKS」。こちらの書店には、カフェスペースがあり ゆっくり読書が楽しめる空間となっています。 さらに様々な企画展やワークショップが行われ、本を通じた複合的な楽しみ方ができる空間になっています。
また、紀尾井町の「COOK COOP BOOK」という本屋さん。 こちらは、食をテーマにセレクトした本や漫画がズラリ。店内にはキッチンスタジオがあり、料理教室など、「食」にまつわるイベントが開催されています。また既存の書店も、個性を打ち出す企画を多く打ち出していまして、文学賞で2位になった “惜しい”名作を集めたフェアなど、趣向を凝らした企画にも、様々なバリエーションが生まれ、話題になっています。
そんな、オンリーワンな存在を目指す本屋さんが増加する背景について、まちの本屋さん情報をまとめた書籍『本屋図鑑』の著者の一人 空犬太郎さんにお話を伺いました》。


放送は8/16(月)ということで、もちろん終わっているんですが、現在も番組のポッドキャストで聞けるようです。こちら


事前に、1分ほどしか使われないということは聞かされていたんですが、こちらも一応、いちばんの得意分野での話ですから、下手なことは言えないということで、きちんと準備して臨みました。電話取材だったんですが、20分以上、話したかなあ。


こちらは、好きでトークイベントをじゃんじゃん企画・主催、自ら進行役をつとめたりしていたぐらいですから、トーク=人前で話すこと自体は苦手ではありません。苦手どころか、得意といってもいいぐらいで、人の話を引き出すのも、大好きです。


でも、取材を受けて話す側というのは、自分のペースで話すのとはまったく勝手が違っていて、やっぱり難しいですね。言いよどんだり、言い間違えたり、詰まったり、つかえたり……もう、これがゲラなら全編に赤エンピツを入れたい!という感じになってしまいましたよ。用意しておいたことの半分も話せなかった気がします。


あれを、いったいどう料理するんだろう、どんなふうに切ったり貼ったりするんだろう……と、文字もので仕事をしてきた身には不思議でなりません。いったん録音取材を終えたら、そのなかで再構成はできても、被取材者が言ってないようなことを新たにつくるわけにはいきませんからね。収録ものでこれですから、生放送がいかに大変か……。


で、おそるおそるという感じで、ポッドキャストを聞いてみました。自分の声、自分のしゃべり方……うー、聞いてると絶望的な気分になりますね(苦笑)。たくさん話したうち、実際に使われたのは1割ぐらいかなあ。これだけを聞くと、なんだか複合型の店舗推進派で、本以外の商材どんどん導入すべきみたいな人に聞こえてしまうような気がしないでもありません(苦笑)。このブログを読んでくださっている方には説明不要かもしれませんが、当方は必ずしてもそういうスタンスではなく、あくまでふつうの本屋さんがいちばんというタイプではあるんですが、それではこの特集のテーマにそもそも合いませんからね。そこは、いい悪い、好き嫌いの話ではなく、あくまでも最近の傾向がどうであるか、今後、どのような可能性があるかについて話したつもりです。


取材では、
1)「都内の個性的な本屋はどんなところがあるか」
2)「個性派本屋は年々増えているようだが、どんな背景が?」
3)「こんな取り組みもするとおもしろいのでは?などのアイデアがあれば」
4)「大型書店ではなく、こうした書店に足を運ぶユーザーは、なにを求めているのか」
などについて聞かれました。


1については、荻窪の「本屋Title」、高円寺・荻窪の文禄堂、昭島(中神)のマルベリーフィールド、新宿のSTORY STORY、渋谷の大盛堂書店、神保町の姉川書店(猫本専門 神保町にゃんこ堂)、上野のROUTE BOOKS、銀座の森岡書店銀座店といったお店の情報を用意していたんですが、こんなにたくさんは話せませんでしたし、実際の番組では具体例は使われませんでした。


2、3、4について、どんなことを話したかは、(もちろん、これらについての答えが全部放送されているわけではありませんが)実際の放送(ポッドキャスト)を聞いていただければと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する