空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

9月に三鷹図書館で夏葉社島田さんの講演会が開催

9月に、東京三鷹市の三鷹図書館で夏葉社・島田さんの講演会が開催されるとの案内を三鷹図書館の方からいただきました。


    三鷹市立図書館講演会「読み返される本の見つけ方」
    日時:2016年9月11日(日)14:00〜16:00
    会場:三鷹図書館(本館)第一集会室
    講師:島田潤一郎(夏葉社)
    対象:どなたでも 中高生大歓迎!
    参加人数:50人(申込先着順)
    予約・問い合わせ:三鷹図書館(本館) 0422-43-9151

チラシ 160911三鷹図書館

三鷹図書館の講演会チラシによれば、このような内容の講演会です。


《吉祥寺で出版社を営む島田潤一郎さんをお迎えし、出版社から見た本の魅力をお話していただき、新しい読書の楽しみ方や読み返される本の見つけ方のヒントをもらいます。この出版社から7月に発行されたばかりの、「移動図書館ひまわり号」(日野市の移動図書館ひまわり号について書かれています)の復刊にまつわる裏話もお話しいただきます》。


夏葉社、7月の新刊、『移動図書館ひまわり号』については、しばらく前の記事で紹介していますが、本書についてだけでなく、夏葉社の出版活動、さらには本の魅力や読書の楽しみ方などについても島田さんに語ってもらうという講演会だそうです。


申し込みは、三鷹図書館に電話で。なお、《手話通訳を必要とされる方は9月2日(金)までに三鷹図書館(本館)にお問合せください》とのことです。


この機に三鷹に(とくに、初めて)来られる方のために、周辺のブックスポットを紹介しておきましょう。三鷹図書館本館のすぐそばには、太宰作品から店名をとった古本カフェ「フォスフォレッセンス」があります。


太宰治の墓所があり、毎年「桜桃忌」が行われる禅林寺は、三鷹駅から三鷹図書館のちょうどまんなかあたりにあります。三鷹の太宰関連スポットは、三鷹市のサイトの「太宰治と三鷹」にまとまっていますので、事前にチェックしておくといいでしょう。


三鷹の本屋さんは、駅ナカにBOOK EXPRESS Dila三鷹店、駅直結の商業ビル、アトレヴィ内に文教堂書店三鷹駅店、南口駅前の商業ビル、三鷹コラル内に啓文堂書店三鷹店があります。


南口の商店街をずっと南に進み、連雀通りにぶつかる少し手前あたりに、古本屋さん古書上々堂(しゃんしゃんどう)があります。ぼくも三鷹に住んでいたころは頻繁に利用していたお店で、アダルト、コミックなし、品ぞろえもいいし、店内の雰囲気もいいしで、本好きにはぜひ寄ってほしいお店です。


南口の商店街、上々堂から駅のほうへ戻る途中には、版元ドットコムのフリペ連載でも紹介した子どもの本の店プーの森があります。小さいお店には、本以外にも自然食品やおもちゃ、生活用品などがぎっしり。


本屋さんではありませんが、三鷹南口側には、中古レコードの名店、パレードがあります。質のいいアナログが安価でずらりの、中央線沿線屈指のアナログ盤の宝庫。そんなに数はありませんが、音楽書・音楽雑誌の古本の取扱もあります。音楽好きはぜひ帰り道に寄られることを強くおすすめします。


北口側には、新刊書店としてはTSUTAYA 三鷹北口店、古本屋さんとしては水中書店、古本カフェの点滴堂があります。点滴堂についてはこちらを、水中書店についてはこちらを、ご覧ください。


島田さんの講演会を聞きに三鷹にいらっしゃった本好き本屋好きのみなさんは、講演会の帰り道、ぜひ三鷹のブックスポット巡りを楽しんでいってください。



追記:三鷹駅南口エリアのブックスポットのうち、プーの森が抜けていたため、追加しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する