空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

beco talkを終えて

一昨日の5/27(金)、西荻窪のブックカフェ、beco cafeでのトークイベント、beco talk最終回を無事に終えることができました。参加くださったみなさま、交流会に駆けつけてくださったみなさま、出演くださった版元ドットコムのお二方、ありがとうございました。


トーク自体もほぼ満席でしたが、21時以降の交流会にも、何人もの方が駆けつけてくださり、深夜までにぎやかな会になりました。


会場でみなさんに閲覧いただき、希望者には差し上げようと用意していた書店のフリーペーパーやブックカバーも好評で、たくさん持ち帰っていただけたようでした。


さて、2012年に始めたこのトークイベント、beco talk。通し番号でVol.30となりました。途中何度か、Specialとして、番号の通ってない会がありましたので、それも含めると30回超、トークイベントを開催したことになります。


これまで、出版社、図書館、書店、取次、エージェントなど、仕事や趣味で本に関わっているたくさんの方に出演いただくことができ、たくさんの方から、興味深いお話を聞かせていただくことができました。本の世界で活躍している方々、おもしろい仕事をしている方々の話を、自分で聞くだけで終わらせるのはもったいない、いろんな人に広く聞いてほしい……そんなふうに思って続けてきたトークイベントですが、実は、いちばん楽しい思いをさせてもらったのは、企画者であり主催者でありトークの進行役であった、このぼくだったのかもしれなません。



出版の世界、書店の世界は、今でもこんなにおもしろいのに、メディアに取り上げられるときって、必ず「不況」とセットで語られたりしますよね。この数年はずっとそのような状況が続いています。それって、やっぱり悔しいんですよ。仕事云々だけでなく、この世界を心から愛してる者としては。


書店の店頭見ていても、あちこちの書店で出ているフリペを見ていても、毎月の新刊を見ていても、こんなにおもしろい本がたくさん出ているのに、こんなにおもしろい本を書いたり作ったり世に送り出したりしている人たちがたくさんいるのに、と思ってしまうわけです。


だから、そのおもしろさを、なんとか伝えたい。出版関係者として、本を出したり本を売ったりすること、以外のかたちで、何かしたい。こんな弱小blogに何を書こうが、中央線沿線の街の、小さなブックカフェやライヴハウスで数十人相手にイベントをやろうが、そんなの、なんの効果も意味もないかもしれない。それでもね、何かやりたかったし、しないではいられなかったんです。


beco talkは、ゲストをお招きして、ぼくが聞き役をつとめて、お話をしていただくというのが基本スタイルでした。終わって、これまでの記録をまとめながら、ソロでのトークもやってみたかったなあ、などと、今さらながら、そんなことを思ったりもしています。


たとえば、この前、ブログに連続レポートをあげたロンドン本屋巡りについて、現地で手に入れてきた本やブックグッズ、現地で撮ってきた写真などを使っての報告するトークとか。ソロでなくても、海外の他のエリアの書店を見てきた方との対談形式でも楽しいかもしれません。


あと、何度かリクエストをいただいたことのあるものとしては、本屋さんの楽しみ方歩き方というのがあります。当方がこのブログにあげている書店の訪問記をご覧になった方から、本屋さんを訪問したら、どこをどんなふうに見ているのか、どこも同じだと言われがちな新刊書店の違いを楽しむにはどうしたらいいのか、といった主旨の質問を受けたことがあります。別にこれといった方法論があるわけではないですが、当方がどんなふうにしているのか、ということであればいくらでも話せそう。でも、このテーマなら相手がいたほうが楽しいかな。


いずれにしても。こちらが聞き役というだけでなく、メインで話す会も企画してみたかったなあ、と、今さらながら、そんなことも思ったりしています。


beco talk最終回の翌日。同店に縁の深い仲間うちで集まって、beco cafeのお別れ会をしてきました。「お別れ」がテーマのはずの会なのに、ほんとに楽しい会でした。最後がこういう会でよかったなあ、と。いいお店があると、そのお店を中心にこんなふうに人が集まれるのだなあ、と、店主を囲んで語り合っているみんなを見ながら、そんなことを思いました。


beco cafeがなくなったら、これからイベント、どうするの?といろんな人に聞かれます。beco talk最終回の交流会でも、昨日のお別れ会でも聞かれたんですが、この後は未定です。未定というか、しばらくはお休みかなと思ってます。


また再開というか復活というか、何かイベントを手がけたくなったら、この空犬通信やツイッターで報告&宣伝をしたいと思います。



beco talk、記録のためにリストにまとめておくことにしました。こんな感じです。こうして一覧にすると、我ながらよくやったなあ、という気もします。でも、よく考えたら、こちらはアイディアを出しただけ。実際に「よくやった」方がいるとしたら、それは、出演料も出ないイベントへの出演を快く引き受けてくださった出演者のみなさん、それに金曜日の夜という飲食店にとっては大事な曜日・時間帯にぽんと場所を貸し出してくれたbeco cafeの2人、なんですよね。こうした方々の協力があってはじめて実現できたことなんです。そのことに、あらためて感謝しています。






*2012年12月のChristmas Partyは、beco talkとbeco reco出演者・関係者のみの会です。
*vol.7は、空犬は企画のみで、その他の会はすべて空犬が参加、進行役をつとめました。
*2014年2月の'Scapes presents beco talk specialは、企画は空犬で、主催は'Scapes スケープス編集部。
*リンク先の記事にある出演者の所属・肩書きはすべて出演当時のものです。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2613-98b772a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad