空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

はじめてのビブリオバトルワークショップ

ビブリオバトル関連で、こんなイベントが開催されるそうです。



はじめてビブリオバトル 1はじめてビブリオバトル 2

↑チラシとプレスリリース。


サイトから案内を引きます。《「ビブリオバトルは気になるけれど、はじめてだから、うまくできるか心配。」「お気に入りの本の話をしてみたいけれど、たくさんの人の前で話すのは苦手かも。」「本が好きな人や面白そうな本に出会える場所はないかな?」そんなあなたに、ぴったりのワークショップです》。



《『ビブリオバトル ハンドブック』(子どもの未来社)の執筆陣をファシリテーターに、リラックスした雰囲気で、さまざまなバリエーションのビブリオバトルを楽しんでいただけます。ビブリオバトルの公式ルールも、はじめから丁寧にお伝えしますので、安心してご参加ください》。


なるほど、「ビブリオバトル」ってよく耳にはするけれど、なんとなく興味はあるけれどの、の後が「……」状態の方にはぴったりな感じのワークショップですね。


開催日は2/6(土)、2/20(土)、3/12(土)、3/19(土)、時間は各日とも16:15〜17:45。場所は、横浜みなとみらいのドックヤードガーデンの地下にあるシェアスペース「BUKATSUDO」。ぼくは行ったことがないんですが、サイトによれば、《まるで秘密基地のような雰囲気で、「大人の部活動」の拠点として活用されているスペース》とのことで、《館内にはバリスタのいるコーヒースタンドもありますので、美味しいコーヒーもぜひどうぞ》とあります。


イベント案内文中にある書籍、『ビブリオバトル ハンドブック』(子どもの未来社)については、版元のサイトで目次他の詳細が見られます。ワークショップには、ファシリテーターとして、同書の執筆陣の他、有隣堂の市川紀子さん(千代田図書館のイベントでご一緒したことがあります)、紀伊國屋書店の瀬部貴行さん(珍書ビブリオバトルでご一緒したことがあります)といった書店関係者、それも、たまたまぼくも面識のある方が関わっていたりするのもうれしいところ。


ビブリオバトルがどんなものかを知りたい、ビブリオバトルの楽しみ方を教えてほしい、という方にはぴったりのイベントのようですね。時間・料金・申し込み方法他の詳細は、Tokyo Biblioのサイトをご覧ください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2554-b15fef5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad