空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

本屋さん情報がぎっしり!……ムック『本屋へ行こう!!』が発売になりました【更新】

先日の記事でご案内しました、本屋さんの情報がぎっしりつまったムックが発売になりました。



本屋へ行こう 書影 2

発売前に見本誌を届けてもらったので、早速読んでみました。自分が関わった本なので、あんまりストレートにほめるのもなんなんですが、これ、おもしろいなあ。もりだくさんだなあ。想像していた以上に本屋愛に満ちた1冊になっていました。自分が執筆で関わったところ以外は、こちらも見本誌を手にするまでどんな内容だか、くわしくは知らなかったので、純粋な読者気分で一気に、かつ楽しく読ませてもらいましたよ。



全4パート構成で、うち3パートが新刊書店関連で、最後のパート4が古本屋さんにあてられています。新刊書店を扱ったパートは、各地の書店を紹介するガイドが充実しているのは当然という感じで、それ以外にも、本屋好き著名人のインタビュー、地方別チェーンランキング、書店フリーペーパー、巨大書店のイラストルポなど、さまざまな切り口の書店関連記事がたっぷりと掲載されています。書店経営やビジネス戦略、複合店の歴史、棚作りの論など、やや専門的なテーマの記事もありますが、いずれも過度に専門的な内容になることなく、業界関係者でない人にもわかりやすいものになっています。


古本屋を扱ったパートも、分量こそ新刊書店関連記事よりも少なめになっていはいるものの、とみさわ明仁さんと吉田豪さんの対談(すばらしい組み合わせ。実におもしろくてもっと読みたい)や、ウララの宇田さんの店主日記など、ただの古書店紹介にとどまらない、中身の濃いものになっています。


先の記事に書きました通り、ぼくは今回、いくつかの記事で執筆を担当させてもらいました。担当した店数はそれほど多くはないのですが、さわや書店フェザン店の紹介記事を書かせてもらえたのは僥倖でした。また、この本屋さんに出会っていなければ、本屋さんに関するこんな文章を書くこともしていなかったであろう、ぼくにとっての原点の1つ、紀伊國屋書店梅田本店への思いを拙い文章にまとめることもできました。いずれの記事も、ぼくにとってはずっと仕上げられずにいた宿題のようなもの。やっと提出できた、そんな気分です。


本ムックには、たくさんの書店員さんが登場していますが、ぼくがイベントでご一緒したりお世話になったりしている書店員さんも誌面に登場しています。元リブロの辻山良雄さん、往来堂書店の店長・笈入建志さんが、それぞれ準備を進めているという新しいお店についての記事があるかと思えば、9/25のbeco talkに出演する「フリーランス書店員」、久禮書店〈KURE BOOKS〉の久禮亮太さんは「僕の考える「いい棚」のつくり方」という、タイトルだけで気になる記事を寄稿していたりします。読みたくなりますよね。


その他の記事や書き手、目次、詳細については、版元の書籍紹介ページをご覧ください。


本屋さんを愛する方、本屋さんに関心をお持ちの方に強くおすすめしたい1冊です。ぜひお近くの本屋さん、できればリアル書店で手にとってみてください。



追記(9/30):『世界の出版情報調査総覧』の著者、伊藤民雄さんから、以下のようなリンク集を作成したとのご連絡をいただきました。



リンク集について、サイトから説明を引きます。《2015年9月末に洋泉社MOOK 『本屋はおもしろい!!』の2015年版(洋泉社, 2015.10)が発行された。その書籍の62〜67ページにかけて、「あの店の実力は? 都道府県別チェーン書店売り上げランキング」(文/空犬太郎氏, データ作成/同書編集部)が掲載されている。2014年10月末に発売された2014年版の時には書店サイト(ホームページ)、沿革inHP、所在地inHP、Wikipediaへのリンクを試みた。2015年版でも同様にリンクを試みる。ホームページがない場合は、本店Twitter、本店Facebookで代用した》。


便利な一覧になっていますので、ぜひ本誌の記事と併せてご活用ください。

スポンサーサイト

コメント

京都×光文社の「本屋さんへ行こう」フェア

空犬様、こんにちは。
この本読みましたよ~☆
京都×光文社の「本屋さんへ行こう」フェアが11月にあるそうですね。
タイムリーですね。
最近本屋さん関係の本がたくさん出ているからでしょうか。

私は残念ながら先日京都へ行ったばかりでして・・・11月は行けない、残念!!

京都で丸善詣でとマンガミュージアム読みまくりに行ってきました☆
丸善はオシャレビルの地下だからお客さんはそう多く無く、
什器や雑貨も上品なので、
なんだか静か~な感じでした。
とっても素敵なお店なんですけど、綺麗すぎて、ちょっと緊張しちゃいました☆
児童書コーナーはもうちょっとくだけた感じにしたほうが良さそうな気がしましたが、
さすがに品揃えはいい感じだったと思います。
次回はゆっくり見たいな。

今回はマンガミュージアムでいっぱい読みたくてそっちの時間をたくさん取りました。
絶版のKCなかよし読みまくってきました!
「キャンディ・キャンディ」「幽霊狩り」清原なつの、高階良子などなど
懐かしくてたまりませんでした♪

そして紀伊國屋グランフロント店再訪です♪
やっぱり縁があるのか、入店直後に宮下奈都さんの新刊PRアナウンスが!
数日前に地元で衝動買いしたばかりだったんです。
(めったに小説単行本は買わないのに。)
そしてこの新刊に合わせて「宮下奈都作品と『音』のフェア」コーナーがあり
めっちゃ好みのテイストで嬉しくなっちゃいました☆

  • 2015/10/02(金) 19:12:51 |
  • URL |
  • みこ #nLnvUwLc
  • [ 編集 ]

Re: 京都×光文社の「本屋さんへ行こう」フェア

みこさん>
お買い上げ、ありがとうございます!

京都の丸善とマンガミュージアムを目一杯
楽しまれたようで、何よりです。ぼくも
来週、関西に行く用事があるので、丸善を
見てくるつもりです。といっても、京都は
ごくごく短時間しかいられないんですが……。

> 綺麗すぎて、ちょっと緊張しちゃいました
そういうことってありますよね。書店にかぎらず。

  • 2015/10/04(日) 22:16:53 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2507-b131c993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)