空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

絵本の値段は高いのか

ちょっと気になる記事を見ました。



宣伝になってしまうのも嫌なので、記事名やURLはあえてあげませんが、ある古書店のオープンを伝える記事です。そのなかに、こんなふうにありました。店主は《新刊の絵本は高い値段のものが多く、絵本を読む機会が減っているように感じていた》そうで、《大人も子どももゆっくりと絵本を楽しむスペースを作りたかったのがオープンのきっかけ》なのだそうです。


別に、本が高いと感じるかどうかは個人差もあるでしょうし、その人にとってどういうものなのか(商売に関わるものなのか、なくては困るものなのか、単なる読み捨てなのか、などなど)にもよるでしょうから、どう思うと勝手だと思います。ただ、だからといって《販売価格は100円〜500円(保存状態により異なる)》などと一律で安売りするのはどうでしょうか。しかも、《状態の良くない絵本は無料で提供》などともあります。ちなみに、買い取りは《ハードカバーが1冊50円、厚紙などの絵本は10円》だといいます。


こんなふうに安価で、または無料でまいてしまって、今よりもさらに新刊絵本を買う人が減ってしまったら、それがまた書店や版元や作り手を圧迫することになり、部数が減ることが値段に跳ね返ることになったら、さらに言えば、本そのものを出せなくなってしまったら……そのような事態につながるかもしれないことには思いがいたらないのでしょう。新刊絵本が高いから自分が安く提供するのだなどと何か善行のように感じているふしがあることに強い違和感を覚えますし、また、それを持ち上げて取り上げるメディアもどうかと思います。


(この駄ブログを訪問してくださる方には説明不要な気もしますが、一応、このようなことも書いておくことにします。)仮に、1000円の絵本があったとします。この本を作ったり売ったり流したりする本の関係者の取り分がどうなっているのかを、ごくごく大ざっぱにまとめるとこんな感じになります。(実際には、印税や書店の取り分は、出版社・書店によって異なりますが、ここでは、話をわかりやすくするために、細部を丸めて、ざっくりした話にしてあります。)


書店 200円(約20%)
取次 100円(約10%)
版元 600円(残り)
作家 100円(印税10%)


これに部数をかけたものがそれぞれの収入になるわけです。ただ、当然これがすべてもうけになるわけではなく、版元なら紙代・印刷代・広告費・人件費などなどをここから捻出するわけですし、諸経費を捻出するという意味では他の3者も同様です。


初版が3000部なら、5000部なら、10,000部ならいくらになるか、計算してみればわかりますが、よほどの人気シリーズでもないかぎり、子どもの本の世界で現在初版が10,000部というのはなかなかないでしょう。3000〜5000部スタートで、うまく重版できればいいですが、すべての本が重版できるわけではもちろんありません。


これが不当に高い額でしょうか。製作・販売・流通にかけられる時間や手間を思えば、とくに、作家・画家が創作する労力を思えば、むしろ低すぎる安すぎるぐらいに感じます。絵本は高いなどと、そんなふうに簡単に決めつけてしまえることではないように思いますし、また、高いと感じるからといって10円で買って100円で売っていい、などということでもないように思うのです。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/09/29(火) 10:40:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

絵本について

ありがとうございます。

  • 2015/10/04(日) 22:14:39 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/03/18(金) 10:49:29 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

適正価格

訪問&コメント、ありがとうございます。
ほんとにそうだと思います。

  • 2016/03/22(火) 20:47:18 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2502-395c814e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)