空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ユリイカ、ミステリマガジン……没後50年で、雑誌の乱歩特集が続きます【更新】

乱歩関連ニュースです。(記事をまとめた直後にもう1冊特集雑誌が出たので、追加してまとめ直しました。)



ユリイカ 乱歩書影ミステリマガジン 乱歩 書影野性時代 2015年9月号

『ユリイカ』、特集は「江戸川乱歩 没後五〇年」。北村薫さんと辻村深月さんの対談、酉島伝法さん他の創作、玉川重機さん他のコミック、丸尾末広さんのインタビュー、紀田順一郎さん、高山宏さん他の評論と、とにかく、もりだくさん。気になる記事がぎっしりなのはうれしいんですが、読むのは大変そうです(苦笑)。


『ミステリマガジン』、特集は「幻想と怪奇 乱歩輪舞ふたたび」。《作者が死してなお、映画、ドラマのみならず、舞台、歌舞伎、アニメにまでインスピレーションを与え続けている乱歩作品の魅力に迫る》とのことで、こちらも創作に脚本に座談会にと、読み応えがありそうな内容になっています。小特集は「追悼ルース・レンデル」。


『野性時代』、特集は「保存版 いま甦る江戸川乱歩」。《没後半世紀を迎えた日本探偵小説黎明期の第一人者・江戸川乱歩。多くの傑作を遺したほか、翻訳家、批評家等としても活躍した巨星の真の姿に迫ります》ということで、西村賢太の随筆、日下三蔵の解説、恩田陸のゆかりの地訪問ルポなどのほか、芦辺拓、歌野晶午、法月綸太郎らのオマージュ短編が掲載されています。


それぞれ、書き手とテーマなど、くわしい内容については版元の紹介ページをご覧ください。



ちなみに、うち『ミステリ・マガジン』は昨年の8月号も乱歩特集でしたね。「幻想と怪奇 乱歩生誕120周年」。


ミステリマガジン 乱歩 書影

その号を含む、去年「江戸川乱歩生誕120周年」関連で出た本についてはこちらの記事にまとめています。雑誌では、少し前になりますが、これもありました。



特集は「没後50年特別企画 今振り返る、江戸川乱歩」。創作に作品ガイドに、「旧江戸川乱歩邸&土蔵探検記」と、こちらも乱歩者なら気になる内容になっています。


昨年から今年にかけて、乱歩関連出版は数が多くて、とてもカバーしきれませんが、最近だと、ほかにも宮崎駿が表紙絵+カラー口絵を手がけたことで話題になったこのようなものがありましたね。



あとは関連記事の紹介だけ。



《2015年6月8日より、江戸川乱歩「少年探偵シリーズ」マグネットが全国のガチャガチャにて発売されます。ラインナップは「少年探偵団」「怪人二十面相」「鉄塔王国の恐怖」「夜行人間」「空飛ぶ二十面相」「雷人M」「驚愕のシークレット」の全7種です!》


欲しい気もするけど、ガチャガチャにまでは手を出したくない気も……。



《リブレ出版は7月10日から、江戸川乱歩の没後50年を記念した傑作集全3巻を順次刊行する。価格はすべて1200円(税別)で、判型は四六判》。


《「BL乱歩(第1巻)」「変態乱歩(第2巻)」「血塗(ちまみ)れ乱歩(第3巻)」と、各巻とも斬新な切り口で乱歩作品に迫り、ビジュアル面は、『In These Words』などで知られるアメコミ出身のイラストレーター・マンガ家の咎井淳さん(Guilt|Pleasure)が担当、新たな乱歩の魅力を伝える》


こうなると、どう反応していいのかよくわかりません(苦笑)。



《少年画報社は7月24日、作家・江戸川乱歩の没後50年を記念し、昭和の実力派漫画家が描いた乱歩作品を復刻再編集した『江戸川乱歩妖美劇画館』1巻・2巻を同時発売する。価格は各800円(税別)》。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2486-a9176593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad