空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

フリーランス書店員が棚作り……beco talkのご案内です

西荻窪のブックカフェ、beco cafeで、ほぼ毎月開催している出版・書店関連テーマのトークイベントbeco talk。9月の回のご案内です(今年は隔月、奇数月開催を予定しているため、8月はお休みとなります。)


    beco talk vol.25
    本屋さんの棚、つくります
    〜フリーランス書店員というはたらき方〜〜

    日時:9月25日(金)
    OPEN 19:00 START 19:30(〜21:00)
    会場:beco cafe(西荻窪)
    出演:久禮亮太(久禮書店)、空犬太郎(空犬通信・本屋図鑑)
    *満席となりました。

今回のテーマは「フリーランス書店員」と「棚づくり」。フリーランス書店員とはどんな仕事なのか。何をしようとしているのか。どこでその仕事を目にすることができるのか。フリーランス書店員として手がけた店作り、棚づくりの話を中心に、新しい書店員のあり方について話をうかがいます。


今回出演いただく「フリーランス書店員」、久禮亮太さんは、以前はあゆみBOOKS小石川店で店長をつとめた方。同店は『本屋図鑑』でも紹介されていますが、新刊台や人文書のセレクト、店内のディスプレイなどに工夫のこらされていて、地元のお客さんだけでなく、出版関係者や同業者の間でも人気の高いお店です。そんなすてきなお店の棚を手がけてきた棚づくりのプロが独立、自店以外の場所で棚づくりの腕をふるい始めたわけですから、その話がおもしろくないわけがありません。


久禮さんの活動については、雑誌などにも取り上げられ始めていますし(後日、あらためて紹介しますが、当方が取材・執筆の一部に関わった『婦人画報』9月号の書店特集にも、久禮さんが棚を手がけた昭島のブックカフェ、マルベリーフィールドが取り上げられています)、青弓社のサイト内連載「こんにちは、久禮書店です」(青弓社)では、久禮さん自ら、独立の経緯から最近の活動まで、くわしく報告しています。当日のトークでは、こうした雑誌記事や連載とは切り口を変えて、久禮さんのフリーランス書店員としての働き方や久禮さんの棚作りの極意に迫りたいと思います。



トークの予約は、7月31日(金)に受付開始となります。予約は、空犬ではなく、お店での受付になりますので、beco cafeにご連絡ください。


イベント終了後は、いつものように、お店の閉店までドリンクタイム(交流会)として、出演者とお客さんのみなさんでお酒を飲みながらおしゃべりを楽しめる時間とします。トークの途中には、質疑応答の時間はもうけませんので、ぜひトーク後のドリンクタイムに残って、出演者に話しかけたり質問したりしてください。


予約方法や、beco talk自体の説明、beco cafeイベントのラインナップなどにつきましては、今年の分はこちらを、昨年分はこちらをご覧ください(記事の下のほう、出演者のみなさんのプロフィールの前に、イベントに関する詳細・注意事項などをまとめてあります)


次のbeco talkは11月27日(金)を予定しています。詳細が確定次第、空犬通信とツイッターで告知します。



久禮亮太(くれりょうた)
久禮書店〈KUREBOOKS〉店主。あゆみBOOKS小石川店の元・店長。フリーランスの書店員として複数のブック・カフェで選書や販売業務の研修などを行いつつ、無店舗出張販売の書籍販売「あちこち書店」を展開中。活動の詳細を、青弓社のウェブサイト〈こんにちは、久禮書店です〉で連載中。
http://www.seikyusha.co.jp/wp/rensai/kureshoten
facebook:https://www.facebook.com/ryota.kure
twitter:@ryotakure



スポンサーサイト

コメント

梅田行ってきました!!

空犬様、こんばんは。
昨日と今日、行ってきました、京都&梅田!
ここしか行ける日ない!ってとこで急遽行きました。
朝一の特急で京都市美術館のルーブル展&マグリット展(素晴らしかった♪)へ。
午後から梅田の丸善&ジュンク堂3時間。
在庫点数が多いことから出版社の品切れ本があるかもと狙いをつけて
探していた本を数冊ゲット!!
まとめ買いをして配送サービスをお願いしました。楽チン☆
夜は疲れたので蔦屋のラウンジ(お盆期間は2時間千円!)のソファで
本をゆっくり読み、息子のアパートへ。
そして翌日は紀伊國屋グランフロント店でじっくり楽しみ、
ここでも配送サービスでどっさり買い込み、岐路へ。

疲れたけどとっても充実した2日間でした☆
3軒廻って思ったのが、棚が全然違うということ。当たり前ですが。
ピンポイントで探すならジュンクだし(手荷物もレジで預かってくれて親切♪)、
本屋そのものを楽しんで思わぬ出会いがいくつもあるのは紀伊國屋、
蔦屋ラウンジとか軽食とりながら選べるとか,
疲れた時には最高!

なので本記事のフリーランス棚職人さんのお話って、
とっても興味があります!!
いけないのが悲しくて仕方ない・・・

  • 2015/08/15(土) 00:41:00 |
  • URL |
  • みこ #nLnvUwLc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2477-a953e4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)