空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

閉店前日のリブロ池袋本店【更新】

リブロ池袋本店が、7/20(月)、閉店となりました。


最終日は、同店の閉店を惜しむファンがたくさん集まったようですね。当日の様子を伝える記事をいくつかあげておきます。



最終日の前日、一人お店を訪ね、ふだんは行かないジャンルの売り場も含め、隅から隅まで、歩いてきました。何時間いたかなあ。閉店直前のお店というと、棚に隙間が目立ったり、店内で片づけをしているスタッフの方の姿が目についたりと、さびしい思いをさせられることも多いのですが、棚も店内の様子もあまりにもいつも通りで、次に池袋に来たときには、このお店がもうないんだ、というのがぴんとこない感じでした。


知り合いに相談して、売り場の写真を撮影させてもらうことも考えたんですが、でも、大仰なことはすまい、それに、そのようなことは自分がすべきことでもないかと考え直し、個人的にとくに思い入れのある書籍館1階のカルトグラフィアと、別館B1の児童書売り場「わむぱむ」だけ、撮影させてもらいました。


150720リブロ池店 柱1150720リブロ池店 柱2150720リブロ池店 柱3

↑別館B1、リブロ池袋本店の顔、光の柱。閉店を惜しむ著名人の「落書き」でいっぱいになっています。昼過ぎに訪問したときは、まだふつうに撮影できましたが、夕方にもう一度訪れると写真を撮ったり、書き込みをじっくり読んだりする人の輪ができていました。



150720リブロ池店 フロアマップ

↑フロアマップ。フロアマップを店内で配布している書店もありますが、池袋本店には持ち帰れるようなものがないので、記念に収めておきました。後でお店のことについて何か書こうと思っても、自分がよく利用していたジャンルの売り場はともかく、全体がどうなっていたかは意外に思い出せなかったりします。


150720リブロ池店 40周年1150720リブロ池店 40周年2

「40年間ありがとう! リブロ池袋本店歴代スタッフが選ぶ、今も心に残るこの一冊」。なんだか中途半端なアングルになっているのは、棚前がとにかく人でいっぱいで、全体を見渡すショットが撮れなかったため。


150720リブロ池店 40周年コメント1150720リブロ池店 40周年コメント2
150720リブロ池店 40周年コメント3150720リブロ池店 40周年コメント4

↑売り切れてしまった本は、ご覧の通り、推薦コメントのPOPだけが掲示されていました。推薦者には、同店を離れてしまった方のお名前も。


150720リブロ池店 わむぱむ0150720リブロ池店 わむぱむ1150720リブロ池店 わむぱむ4

↑別館B1、児童書売り場「わむぱむ」。いつも親子連れでにぎわっている売り場ですが、この日は、連休中の日曜日ということもあり、また最終日の前日ということもありで、たくさんのお客さんでいっぱいでした。


150720リブロ池店 わむぱむ2150720リブロ池店 わむぱむ3150720リブロ池店 影絵クイズ

↑わむぱむの入り口の上には「ありがとう」「さよなら」の文字が。入り口の「さよならわむぱむ」の木の根元に、入り口上の影絵のキャラクター・作品をあてる「わむぱむ影絵クイズ」のクイズ用紙がありました。キャラクターは全部で13。なにしろこちらは(大昔ではありますが)児童書に関わっていたこともあり、現役の児童書好きでもあります。もちろん全問正解でいくぜ!と思ったら、不覚にも1問、間違えてしまいました。(ちょっと、いや、けっこうくやしい……。)


150720リブロ池店 わむぱむ通信

↑わむぱむで配布されていた「わむぱむ通信」。知り合いから最終号を作成中と聞いていたんですが、残念ながら、ぼくが訪問したときはまだできていませんでした。写真は、2015.7.13号。


150720リブロ池店 廊下1
150720リブロ池店 廊下2150720リブロ池店 廊下3150720リブロ池店 廊下4

↑廊下を通って、書籍館へ。廊下の壁面には「リブロ池袋本店イベント一覧(抜粋)」が。これ、印刷して配られていたらよかったのになあ、などと思ってしまいました。


150720リブロ池店 カルトグラフィア 本棚で全景150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る2150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る1

↑リブロ池袋本店といえばこれ、という方も多いかもしれませんね。書籍館1階、下りエスカレーター前の「カルトグラフィア」。「本棚から見る、リブロ池袋本店の40年」。高橋源一郎、村上春樹・龍、浅田彰、工作舎の本など、80、90年代のところにあがっている本を見ると、リブロ池袋本店をはじめとする西武セゾン系の書店で出会った本が多く含まれていて、なつかしいようなさびしいような、なんとも言えない気分になってしまいました。


150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る3150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る4
150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る5150720リブロ池店 カルトグラフィア本棚で見る6

↑「本棚から見る、リブロ池袋本店の40年」、写真だと小さくて読めませんね……。先の、廊下壁面に貼り出してあったイベント一覧といい、この年表といい、冊子か何かにまとまるといいのになあ、などとついつい考えてしまうのは、当方だけではないでしょう。


150720リブロ池店 カルトグラフィア反知性1150720リブロ池店 カルトグラフィア反知性2

↑カルトグラフィア、右側の壁面では、「「反知性主義」に陥らないための必読書」が。


150720リブロ池店 カルトグラフィア 読むとき1150720リブロ池店 カルトグラフィア 読むとは1150720リブロ池店 カルトグラフィア 読むとは2150720リブロ池店 カルトグラフィア 読むとは3

↑カルトグラフィア、壁面の手前の台では「読むとはどういうことかしら」が展開中でした。


150720リブロ池店 カルトグラフィア過去フェア1150720リブロ池店 カルトグラフィア過去フェア2

↑カルトグラフィア、「読むとはどういうことかしら」の裏をのぞくと、過去に開催されたフェアの写真がずらり。


当日は、買いすぎて持ちきれないほどの本を買ってきたんですが、その一部だけあげておきます。


リブロ購入本 本の雑誌

↑『本の雑誌』8月号(本の雑誌社)。田口久美子さんの「書店にとって美とはなにか リブロ池袋店の40年(前編)」が掲載されています。後編はリブロ池袋本店では買えないわけですね……。


リブロ購入本 利己的

↑「本棚から見る、リブロ池袋本店の40年」から抜いてきた1冊は、こちら。リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子 増補新装版』(紀伊國屋書店)。今さら感のある定番中の定番だけど、これ、大学時代に図書館で読んでいて、本は持っていなかったので。


リブロ購入本 ライフタイム

↑「わむぱむ」でもいろいろ買ったけど、プレゼント用のものが多くて、自分用にはこれだけ。ローラ・M. シェーファー、クリストファー・サイラス・ニール『ライフタイム いきものたちの一生と数字』(ポプラ社)。


リブロ購入本 石神井

↑「ぽえむ・ぱろうる」では、しばらく前に訪問した際にいろいろ買っているので、今回はこれだけ。『石神井書林古書目録』96号。


ブックンロールに出演してくれた際、トークの最後に、リブロを離れ独立することを発表した辻山さんに会えたので、夜はふたりで一杯やってきました。リブロのことや辻山さんのこれからのことについて、ゆっくり話をすることができましたよ。これが最終日だったらさすがに責任ある立場のお一人である辻山さんを連れ出すことなどかなわなかったでしょうから、池袋本店最終訪問日を閉店前日にしたのは、正解でした。しばらく前の記事に、《池袋からはたくさんの書店人があちこちに(それこそリブロ以外の書店にまで)巣立っている》と書きましたが、辻山さんもきっとこの後、さすがリブロ出身者だと利用者をうならせるような店をつくってくれることでしょう。今からとても楽しみです。



リブロ池袋本店、閉店。お店のスタッフのみなさん、関係者のみなさん、本当におつかれさまでした。そして、ありがとうございました。



追記(8/12):後日、「わむぱむ通信」最終号を入手しました。


わむぱむ通信 最終号 表わむぱむ通信 最終号 裏


スポンサーサイト

コメント

光の柱の落書き、閉店後すぐに文化的価値のわからない西武百貨店がリブロに無断で消してしまうという暴挙に出たらしいですよ。
損害賠償モノです

  • 2015/07/31(金) 03:00:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

光の柱

訪問&コメント、ありがとうございます。

残念なことではありますが、ただ、あの形で残しておく
ことは現実問題として難しいでしょうから、しかたない
のかもしれません。

実際に目にした人の中には残っていくでしょうし、
全国紙の記事にも写真入りで取り上げられましたし、
当方の駄blog含め、写真に残した人もたくさん
いますから、そのようなかたちで残っていけば
いいのかな、とも思います。


  • 2015/08/02(日) 13:31:26 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2475-036b1115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)