空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

村山早紀さんの新刊が8月に……刊行記念トークイベントで聞き手をつとめます【更新】

再来月、8月に、渋谷の大盛堂書店でこんなイベントが開催されますよ。


    『花咲家の旅』(徳間文庫)発売記念・村山早紀さんトークイベント
    日時:8月8日(土)13:00〜14:00(開場12:30)
    * 終了後サイン会あり
    会場:大盛堂書店3Fイベントスペース(東京・渋谷)
    03-5784-4900
    出演:村山早紀さん
    聞き手:空犬太郎(編集者・ライター)
    *満席となりました。

会場の大盛堂書店のサイトから内容紹介を引きます。《今回、花咲家シリーズ第3巻目『花咲家の旅』の発売を記念し、数々の素晴らしい児童文学や小説を描いてこられた著者の村山さんのトークイベントを開催いたします》《夏休み期間中ですので、村山さんのファンだけでなく、ぜひ本に興味のある学生の方々もご来場くださいませ》。


たくさんの児童文学やYAを手がけてこられた村山先生のトークイベント。開催されるのが、夏休み時期の週末昼間の時間帯ということで、子どもたちも大人と一緒に参加のしやすい設定になっていますね。



イベントの内容・時期はともかく、《聞き手には村山さんとも親交があり、「本・書店」に造詣が深い空犬太郎さんが勤めてさせて頂きます》というところに、「なぜ空犬が?!」とびっくりされた方もいるかもしれません。


村山先生のデビューは1993年。当時はぼくは駆け出しの編集者で、児童書を担当していました。そんなこともあって、村山先生が椋鳩十児童文学賞を受賞した『ちいさいえりちゃん』はリアルタイムで読んでいます。自分が編集者として仕事を始めた頃に、デビュー作に出会っている書き手のお一人、ということなんです。結局、ぼくは児童書から離れてしまったために、お仕事でご一緒する機会こそ一度もありませんでしたが、なんとなく縁のようなものを勝手に感じていた、そんな作家さんでした。


あれから20年以上が過ぎ、お仕事では一度も縁がなかったにもかかわらず、ツイッターを通してやりとりをさせていただくようになり、こうしてトークの聞き手に指名していただけるようにまでなったわけです。なんだか不思議な感じがします。せっかく当方を指名いただきましたから、児童文学やYAのプロパーの方とはちょっと違うアプローチで、先生のファンのみなさんに楽しんでいただけるようなお話できればと思っています。


参加の方法ですが、《電話予約(03-5784-4900)又はメール予約をおすすめします。また、小さなお子様連れ、中学生以下のお客様はご予約時にお申し出頂けましたら、檀上が見やすい席をご用意いたします(数に限りがございますのでお早目に)》とのことです。詳細はお店のイベント告知ページをご覧ください。


今回、新刊が出る『花咲家』シリーズは、以下の通りです。



トークイベント終了後には、サイン会も予定されているようです。時間には余裕を持っておこしになり、ぜひ先生のサインをいただいて帰ってください。


追記(6/18):イベント、満席になったそうです。ご予約くださったみなさま、ありがとうございました。会場の大盛堂書店と村山先生とで相談し、イベント後のサイン会だけに参加できる枠も設けたそうです。トークの予約はできなかったけれど、サイン会だけでも参加したい!という方は、こちらのページをご覧ください。



村山早紀(むらやまさき)
長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。著作に『シェーラひめのぼうけん』(童心社)、『魔法少女マリリン』(教育画劇)、『アカネヒメ物語』(岩崎書店)、『はるかな空の東』(小峰書店)、『風の丘のルルー』、『コンビニたそがれ堂』(いずれもポプラ社)、『黄金旋律』(PHP文芸文庫)、『かなりや荘浪漫』(集英社オレンジ文庫)、『竜宮ホテル』(徳間文庫)など。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2460-32543686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad