空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『海の本屋のはなし』……海文堂書店の本が刊行、東京でトークイベントも【更新】

神戸の海文堂書店が閉店になったのは2013年9月のこと。『本屋図鑑』の刊行、直後のことでした。あれから1年半以上になりますが、いまでも、本屋さんのことを考えるときにしばしば海文堂書店のことを思い出します。


町本会でもトークイベントを開催しましたし、夏葉社からはすばらしい写真集も発売されましたが、前者は小規模なイベントでしたし、後者は完売で重版の予定もありません。このまま海文堂書店のことがなんとなく忘れられてしまうとしたら、風化していってしまうとしたらそれはさびしいことだなあ、と思っていたら、神戸からうれしい知らせが届きました。海文堂書店の本が刊行され、東京で刊行意記念のトークイベントも開催されるというのです。


    「『海の本屋のはなし――海文堂書店の記憶と記録』を語る」
    日時:2015年7月5日(日) 16時〜(開場15時30分)
    場所:東京堂書店神田神保町店6階 東京堂ホール
    出演:平野義昌(元海文堂書店)、柴野京子(上智大学)
    参加費:800円(ドリンク付き)

東京堂書店のサイトから内容紹介を引きます。《2013年9月、99年の歴史を閉じた神戸の海文堂書店。その最期に店員のひとりとして立ち会った平野義昌が、この店の足跡と、そこで働いた仲間たちの声を本にしました。本の話よりも、棚の話よりも、だれもが皆「お客さまとの思い出」を語ったのはなぜか。海文堂書店とはどんな本屋だったのか。なぜここまで人びとに愛されたのか。あの「海の本屋」から最後に届ける1冊。そこに込めた思いを著者が語ります》。



本が楽しみなのはもちろんのこと、当事者のお一人であった平野さんご自身のことばで、海文堂書店の話を聞けるというのが、何よりうれしいし、楽しみですよね。


ゲストは『書棚と平台 出版流通というメディア』(弘文堂)の柴野京子さんとのこと。書店にも出版流通にも通じた柴野さんがお相手となれば、トークは苦手だと謙遜する平野さんから、興味深い話をたくさん引き出していただけそうですね。楽しみな組み合わせです。


イベントは要予約です。参加の方法を、会場の東京堂書店のサイトから引きます。《店頭または電話・メール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「平野さん柴野さんイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。電話 03-3291-5181 イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい》。


当日は《14:00より1階総合カウンターにて受付を行います。 参加費800円(ドリンク付き)をお支払い頂いた上で、 1Fカフェにて、カフェチケットと指定のドリンクをお引換えください》とのことです。


あと、神戸からの情報によると、当日は打ち上げが予定されているそうです。たくさんの出版・書店関係の方、とくに年若い書店員さんたちに平野さんを紹介したい、引き合わせたいとの苦楽堂さんの意向で、一般の方も参加可能なかたちにするようですよ。現時点では、2次会の詳細はぼくも知らないんですが、イベントに参加される方は、ぜひイベント終了後も空けておかれるといいでしょう。


本はこちら。



海の本屋の話 帯1海の本屋の話 帯2

版元は、『次の本へ』の苦楽堂。吉祥寺の出版仲間だった石井伸介さんが神戸・元町で立ち上げた出版社で、立ち上げ時には空犬主催のトークイベントに出演してくれたこともあります。平野さんから海文堂書店について文章を書いていること、本にして出したいと思っていることは、以前から聞いていましたが、苦楽堂さんに決まったことはしばらく前に石井さんから教えてもらうまで知らなかったので、びっくりしました。大好きだった本屋さんについての本が、自分にも縁がないわけではない方が社主をつとめる版元から刊行される。別に自分が何をどうしたわけでもないのに、なんだかそれだけでうれしくなる話です。


本は、トークイベントの翌日から出荷開始とのことです。イベント会場で本の販売が行われますから、首都圏唯一の先行販売が行われるということになりますね。一日でも早く海の本を手にしたい、平野さんのサインがほしいという方は、7/5、ぜひ東京堂書店に駆けつけてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2456-8daa4d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad