空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『ストーナー』を読んだ方はもちろん、まだの方もぜひ!……トークイベント〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉

まもなく、こんなトークイベントが開催されます。



0613東江さんイベント

昨年の6月に亡くなった翻訳家の東江一紀さん。その一周忌に合わせて開催されるトークイベントで、東江さんの遺作である『ストーナー』(作品社)の翻訳協力者である布施由紀子さんと越前敏弥さんの対談が行われるそうです。対談のテーマは「数々の名訳・珍訳の紹介、解説」「出版翻訳関係者からのメッセージ紹介」など。東江さんの翻訳作品に親しんできた読者には気になるイベントですね。


6/13(土)の15時からで、会場は文京区不忍通りふれあい館地下1階ホール。往来堂書店の近くですね。参加費は500円。イベントは事前予約制で、申し込み方法は越前さんのブログのイベント紹介記事に詳細が載っていますので、そちらを参照ください。


大阪でも同様のイベントが行われるそうです。越前さんのブログから引きます。《大阪でのイベントは6月20日(土)の15時から16時30分まで、紀伊國屋書店グランフロント大阪店でおこなわれます(内容は東京とほぼ同じ)。こちらは5月下旬に受付開始で、直接店舗へお申しこみいただく形になります》。



イベントとフェアについて、越前敏弥さん(@t_echizen)がツイッターで紹介していますので、それらを引かせていただきます。


《〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉トークイベント、東京(6月13日)http://goo.gl/OgG6qJ は4分の3のお席が埋まりました。大阪(6月20日)https://goo.gl/vn2Lko は残席わずかです。》
《書店フェアが、紀伊國屋グランフロント大阪店、往来堂書店、タナカホンヤ(絶版古書のみ)ではじまっています。このほか、ジュンク堂池袋店で6月1日から、丸善博多店で6月5日から、青山ブックセンター本店で近日中に開催される予定です。》
《各書店の様子(1)【紀伊國屋グランフロント大阪店】 @Kino_GFOsaka 作品紹介と名訳抜粋を並べたPOP、東江さんの過去10年ぶんの年賀状「能ヶ谷通信」も特別展示中。》
《各書店の様子(2)【往来堂書店】 @ohraido 入口をはいってすぐの場所にどんと並べてくれています。6月13日トークイベントの会場から徒歩5分程度。》


イベントに合わせて、実行委員会の手になる無料冊子『ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界』も作られています。


東江さん冊子

↑こちら。関係者のご厚意で送っていただきました。


「東江一紀年譜」「全訳書リスト(別名義の訳書も含む)」「東江翻訳の真骨頂! 名訳・珍訳集」「東江翻訳のベスト本を選べ!」などが掲載されています。表紙と名訳集の1ページ目、目次と内容紹介が越前さんのブログにあがっています。こちらこちら。冊子は書店フェアとトークイベントで配布されるそうです。


ストーナー

↑東江さんの遺作『ストーナー』。原書と作品社から刊行された日本語版。両方で読みましたが、読後、深く心に残る作品でした。イベントの前に日本語版を再読していくつもりです。まだの方はぜひ手にとってみてください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2446-44f2ac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)