空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

高円寺の新しい町の本屋さん、ブックスタマ高円寺店を訪ねてきました

今年2月にJR高円寺駅近くにオープンした新刊書店ブックスタマ高円寺店。中央線沿線在住の本屋好きとしてはすぐにも訪ねなくてはならなかったんですが、なかなか時間がつくれず、ようやく訪ねることができましたので、簡単にレポートを。


150404ブックスタマ高円寺 1150404ブックスタマ高円寺 2

場所は、JR高円寺駅のガード下。数え切れないほど前を通っているはずなのに、店が変わってしまうととたんに、以前がどうだったかがわからなくなってしまいますね。たしか果物屋さんか八百屋さんだったような……覚えていらっしゃる方はご教示ください。立地といいたたずまいといい、まさに駅前本屋さんという感じ。店頭の児童誌のラックや、マンガ雑誌の新刊を積みあげた台に小さなレジ。ちょっとなつかしい感じがしますね。いい意味で、おしゃれなところもきらきらなところもなくて、まるで以前からあったお店のように街に溶け込んでいました。


150404ブックスタマ高円寺 3150404ブックスタマ高円寺 4

お店のサイズは15坪。ちょっと複雑な形状になっていて、コミック・文庫の売り場と、それ以外の売り場が小さな店内で分かれたようなかっこうになっています。関連記事はこちら。「高円寺駅前に「ブックスタマ」-高円寺関連本コーナーも設置」(2/9 高円寺経済新聞)。



高円寺の新刊書店には、2010年オープン、こちらも北口ロータリーをはさんで正面あたりという好立地の路面店、あゆみブックス高円寺店があります。両店は徒歩でわずか数分の距離ですが、お店のタイプが違いますから、高円寺駅利用の本好きにとっては、選択肢が増えることになって重宝しそうです。


150404 ブックスタマ 書皮

↑初めての訪問ということで、ブックカバーをかけてもらいました。なかなかかわいいデザインですね。


ガガガ2

↑ちなみに、同店で買ったのはこちら。丹羽庭『トクサツガガガ』2(小学館)。これ、昨年出た1巻がとにかくおもしろくて、続きを楽しみにしていたもの。おもしろすぎて、好きすぎて、電車の中で読むのが大変でした。


ブックスタマ高円寺店で買い物をした後、次の予定まで少し時間があったので、急ぎ足で高円寺駅周辺の古書店を散策してきました。ぼくは学生時代に阿佐ヶ谷に住んでいたことがあって、高円寺は隣駅、歩いても来られる距離だったので、高円寺の古書店はよく利用していました。阿佐ヶ谷と高円寺にたくさん古書店がなければ、貧乏だった学生時代、あれほどには本が読めなかっただろうというぐらいにお世話になっています。そんな思い出も思い入れもある高円寺の古書店なんですが、最近はあまり途中下車をすることもなくなってしまい、街歩きも久しぶりです。


北口から左斜めに延びる中通り(セントラルロード)の中程にあった青木書店はなくなって久しいし、入り口にあった球陽書房もなくなってしまいました。ただ、人文系の都丸書店本店は元気だし、文学他に強く、店外の均一も古本好きに人気だった都丸支店は、「藍書店」と屋号をあらためて営業中です。


150404 高円寺古書店 藍1150404 高円寺古書店 藍2

都丸書店、駅側の入り口すぐのところに、みすずから翻訳が出ているブライアン・ボイドのナボコフ伝、原書の分厚い2巻本がすごく安く出ていたので、読めもしないのに買いそうになってしまいました。藍書店も、都丸支店時代と同じ路線の品揃え、新古書店にはないひと昔前の本がこなれた値段でずらりで、短時間滞在しただけで欲しい本が次々に。取材に向かうところだったので、荷物を増やすわけにはいかず、何も買い物できなかったのが残念。


南口の商店街Palを歩いて、久しぶりにえほんやするばんするかいしゃにも足を伸ばしました。


150404えほんやるすばん 1150404えほんやるすばん 2

1階ギャラリーで開催されるという「本秀康「雷音レコードコレクション展」」目当てだったんですが、まだ始まってませんでした……(4/10から)


雷音レコード 本
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2423-15c5269f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)