空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

村山早紀さん『コンビニたそがれ堂』に愛蔵版が

すてきな本を贈っていただきました。



コンビニたそがれ堂 セレクション

タイトルの通り、『コンビニたそがれ堂』(ポプラピュアフル文庫)からセレクトされた愛蔵版。版元の内容紹介には《大切な思い出には「続き」がある。心に綴じられた物語に魔法をかけてみませんか? 著者による詳細な「創作メモ」がついた、待望の永久保存版!》とあります。


以前に送っていただいた本もそうだったんですが、今回の新刊も、うちの本好き娘宛のサイン本にしていただきました。しかも、かわいいイラスト入り。村山先生、ほんとうにありがとうございます。本を手渡されたときのうちの子の顔。表紙を開き、見返しに自分の名前があるのを目にしたときの、あの顔。……ほんと、そのまま真空パックにしてとっておきたいと、本気で思わされました。


ぼくは村山先生とはただの知り合いで、もちろん、今回の御本も、これまでの本も、自分が編集や校正を担当したわけではありませんし、先生の本作りの過程には一切関わったことがありません。自分の本でもなんでもないのですが、にもかかわらず、この本を自分の子に手渡すと、本を届けることの喜びがこれ以上ないほど感じられるのです。これが自分が編集や執筆に関わった本ならもっとうれしいのかもしれませんが、でも、自分が関わったかどうかにかかわらず、本を子どもに届けるというのは、こういうことなんだなあ、ほんとうに幸せなことなのだなあ、とそんなことをあらためて思わずにはいられないのです。



本好きの子どもが、そのまま本好きでいるとは、いられるとはかぎりません(つい最近も本好きでいることの難しさを実感させられる出来事があったんですが、それはまたの機会にふれたいと思います)。でも、このようなすてきな体験をした本好きの子どもは、きっと、そう簡単には本の世界からは離れていくことはないだろうと思うのです。


個人的な話ばかりになってしまいましたが、今回の『コンビニたそがれ堂 セレクション』、文庫化作品をわざわざ単行本にしただけあって、とても丁寧な本造りがされています。うちの本好きっ子が手にとっての第一声は「うわあ、きれいな本!」でした。カバーには金が使われていますが、華美な感じはありません。花布(うちの子がこれに気づいたので、花布がどういうものかを教えてあげることもできました)も色が合わせてあって、効いています。とてもすてきな装丁なのです。


シリーズ人気作だけでなく、書き下ろしが含まれていて、さらに創作ノートまで収録されていますから、内容的な充実も言うまでもありません。これは、文庫で読んでいるファンでも手を伸ばしたくなるというものでしょう。すてきな本なので、ぜひ本屋さんの店頭で、実物を手にとってみてほしいものです。


ところで。


好きな作家さんの本、好きな作品を単行本で買って、それがいくらもしないうちに文庫になり、しかも文庫には、単行本未収録作品が追加されていたり、あとがきや解説などの付録・おまけがついていたり、加筆修正がされてバージョンアップしていたりで、なんだかなあ、と思わされたことのある本読みは少なくないでしょう。なんというか、より高額で、本の造りにも手のかかっている単行本が、文庫よりも内容的には劣ってしまうことに、なんとなく釈然としない思いをさせられることってありますよね。で、結局、文庫を書い足したり、または買い換えたりすることになる、なんてこともしばしば。


その意味で、今回のように、文庫で出ていたものが、(今回の場合は、そのままではなく、セレクションですが)単行本化される、しかも、ファンにはうれしいおまけ(今回の場合は創作ノート)付きで単行本化される、というのは、紙の本を愛する読者、単行本を大事に思う読者に向けた本の出し方としては、理想のかたちの1つなのかもしれないなあ、と、そんなふうにも思いました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2417-6e80d623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad