空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

本屋さんが『本屋会議』のことを書いてくださると、ことのほかうれしいのです

12月に本を出すと、(本の実力や注目度はともかくとして、タイミング的なことだけで言うと)その年のベストとか収穫とかにはまず取り上げられませんし、では、1年後のそういうまとめに取り上げられるかというと、時期を逸して忘れられてしまった感が強くなるのか、そちらにも取り上げられず、結果として、なんとなく埋もれてしまうことがあります。


この本は、そういう時期的なことに加え、『図鑑』のとき以上に読者を選ぶ内容なので、書評とか収穫とか、そういうのに取り上げられることはないだろうなあ、などと半分あきらめていたら、うれしいことに、雑誌・WEBで、こんなふうに取り上げられました。



前者、毎日新聞のほうは、『サンデー毎日』2月8日号に掲載されたもので、書き手は、ガケ書房(京都)のうめのたかしさん。


自分にとっての「町の本屋さん」はお父様が働いていた本屋だったといううめのさんは、こんなふうに書いています。《その店は住宅街を通り抜ける道路に面しており、目の前にはバス停があった。親戚のおばが経営している10坪ほどの、いわゆる小さな町の本屋さんだった。いろいろ理由があって店を閉じたのが、ちょうど20年前。神戸の震災があったのでよく覚えている(父の両親は芦屋に住んでいて被害に遭っていた)》。


《私がいま本屋に勤めているのを聞いて、地元の友人は、「親が本屋さんやったもんね」と言うのだが、まあそれはあるかもしれない。小さい頃から本が常にそばにある環境で育った。本で不自由した記憶がない。でもいまは町の小さな本屋はどんどんなくなって、中心街や車でしか行けない郊外の本屋しかなくなっている。そういう環境では、人はどう育つのだろう》。


《いますぐそこにあること。それは親が子にかける愛情と一緒で、すぐそばにあることが大事なんじゃないかと思った。客と店、双方にとって、手の届くような関係性が》。


後者、「本よみうり堂」の「書店員のオススメ読書日記」で取り上げてくれたのは、大盛堂書店(渋谷)の山本亮さん。こちらは、わたくし空犬にとってはさらにうれしい内容になっていて、一読、感激してしまいました。


《本書は全国各地で本屋関連のイベントを企画している、出版元の夏葉社・島田、編集者・ライターの空犬、東京千駄木の書店「往来堂書店」店主・笈入各氏の文により、今昔(といっても「たった」数十年くらいの前の話だ)の本屋のインタビューや取材から現場の様々を描いている》。


ちょっと長くなりますが、当方の担当したパートにふれてくれた後半部分を引きます。


《そして、中でも個人的には空犬氏の文章に興味を惹(ひ)かれた。少年時代である1970年代からの氏の本屋、読書体験から現在に至る状況までを概観したものだが、本に関する書籍だけではなく、当時の業界紙の掲載文や統計を通じて紐(ひも)解く意義深いものに仕上がっている。一時の感情に傾かない素晴らしい分析と文章だ》。


《一見特徴のない本屋(金太郎飴書店としているが)が実は年少者、地元にとってなくてはならない場であったということ、書店経営が今だけではなく、昔も難しいものだったという指摘は興味深い。そして、現在の業界全体として苦戦する状況に対し、次のように記している。「そのような犯人捜し行為は『昔はよかった』という後ろ向きの感慨となんら変わるところがないからだ。『昔はよかった』にはしない。してはいけないし、すべきではない。本屋は本屋のままでいい。何を求めることもしないし、すべきでない。我々がいますべきは、何か足りないものを探して、その足りないものを埋めるべく、だれか(本屋)に詰め寄ることではない」》


《何が正解か分からないし、決して正解のあることではないだろう。だが、本屋があるということは、そこに働く人間がいる。そして、集まる人たちがいる。他の職種にも当てはまるかもしれないが、そういった基本的なサイクルを無視してはいけない。寄稿された3人の筆力(そして最終章の広島の中学生の本に対する想(おも)いを綴(つづ)った文章は必読だ)が、一般の方の心に、強く何かを投げかけているのではないだろうか。どんな時、場所でも「やり方」というものがある。そのことを再確認させてくれる一冊だ》。


『本屋会議』を取り上げてくれたのが、お二人とも書店員であることを、本書の書き手の一人として、心からうれしく思います。


スポンサーサイト

コメント

今日の「本よみうり堂」の「空想書店」コーナー(詩人の和合亮一さんが担当)にも『本屋会議』が取り上げられていました。

恥ずかしながら、私はまだ読んでいません。これから読もうと思います(^^;

  • 2015/03/08(日) 04:22:06 |
  • URL |
  • じっちゃん #4o1CV0zs
  • [ 編集 ]

空想書店

じっちゃんさん>
情報、ありがとうございます。
まだ紙面を確認できていなくて、WEBにあがるのを
待つか、図書館で確認するかしようと思っています。
楽しみです。

  • 2015/03/10(火) 21:21:47 |
  • URL |
  • 空犬太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2406-24cc248c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)