空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「珍書」でビブリオバトル?!……阿佐ヶ谷ロフトで「珍書ビブリオバトル」が開催されます

来年のイベントのご案内です。


    「珍書ビブリオバトル」
    日時:2015年2月7日(土)
    OPEN 18:00 / START 19:00
    会場:阿佐ヶ谷ロフトA
    前売¥1,600 / 当日¥1,900(共に飲食代別)
    出場者:
    ハマザキカク(社会評論社、珍書プロデューサー)
    とみさわ昭仁(特殊古書店マニタ書房、ライター)
    どどいつ文庫イトー(海外書籍販売員)ほか
    &一般より公募した出場者4名
    司会:
    空犬太郎(空犬通信、編集者・ライター)
    亀山綾乃(ビブリオバトル普及委員会、Tokyo Biblio)

珍書ビブリオバトル チラシ

全国あちこちで開催され、本のイベントとしてはすっかり定着した感のある「ビブリオバトル」。知らない方もいるでしょうから、サイトから説明を引いておきましょう。


《立命館大学情報理工学部准教授の谷口忠大氏が2007年に提唱した「知的書評合戦」。4〜5人が自分のプレゼンしたい本を持って集い、順番に1人持ち時間5分で紹介。その後、会場からの質疑応答で2〜3分のディスカッションを行う。「どの本を一番読みたくなったか?」を基準に投票を行い、多数決でチャンプ本を決める》。もっとくわしく知りたいという方は、公式サイトをご覧になるといいでしょう。


今回の「珍書ビブリオバトル」はこんな内容です。《前回、大盛況&大好評だった書評ゲーム「ビブリオバトル」がさらにパワーアップして阿佐ヶ谷ロフトAに帰ってきました! 今回のテーマは「珍書」。第1ゲームは一般の珍書ファンからバトラーの募集を行い、チャンプ本に選ばれた方には第2ゲームのゲストバトルで、珍書ウォッチャーのゲストと対戦していただきます。会場にいる全員に質問権と投票権が与えられますので、一緒にゲームをお楽しみください。白熱の書評バトルで選ばれたチャンプ本はまさに「本のイグノーベル賞」!! ビブリオバトル終了後にはゲストとの交流や著書の販売&サイン会も開催します》。


テーマが「珍書」ということで、『ベスト珍書』を出したばかりのハマザキカクさんをはじめ、珍書界ではその名を知らぬ人がいないという感じの珍書強者のみなさんが、出演者に名を連ねています。これは、珍書マニアはもちろんのこと、珍書のことをあまり知らない、ちょっとのぞいてみたい、という方にもおもしろそうですね。ちなみに、「珍書」は、今回のイベントにおいては、次のように定義されています。



《古書業界においていわゆる「稀覯本」や「艶本」とされるものではなく、著者は真面目に書いたつもりでも、第三者から見るとマヌケに見えたり、奇天烈な事になっていたりする本。「イグノーベル書」と考えて貰えれば分かりやすい。また極端な事に挑んだ、ギネスブックに申請しても良さそうな「エクストリーム本」も該当する。文芸書やミステリーなどのフィクション、あるいはオカルトや宗教、超常現象の本は除く。
※あくまでも『珍書ビブリオバトル』における「珍書の定義」です。
※紹介する本は自費出版や同人誌でも構いませんが、電子書籍ではなく紙の本とします。》


一般出場者の方の応募方法は以下の通りです。《ビブリオバトル出場をご希望の方は2015年1月18日(日)までにTokyo Biblio 亀山(Tokyo_biblio●yahoo.co.jp)までメールの件名を「珍書ビブリオバトル」として、(1)お名前、(2)お電話番号、(3)発表する本の書名、著者名、出版社名を必ずご記入いただき、お申込みください。定員は4名です。応募者多数の場合は抽選のうえ、1月20日(水)ごろにメールにて、お申込みいただいた方全員に結果のお返事をさせていただきます》。(●を@にかえてください。)


前売は、e+(イープラス)にて、12/15(月)の12:00から発売されるとのことです。


これまで、ビブリオバトルは、出演したことはもちろん、ちゃんと拝見したこともなかったんですが、このたび、縁あって司会をつとめさせていただくことになりました。ぼく自身は珍書マニアでも珍書ウォッチャーでもありませんが、このテーマのイベントには興味津々ですので、出演者のみなさんと一緒にイベントを盛り上げたいと思います。


本好きのみなさんのお越しをお待ちしております。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2363-4daf45b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)