空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

12月になると

町本会シンポジウムが終了、やや放心&脱力状態の空犬です。ところで。もう10日以上も過ぎたいまごろなんですが、12月、ですね。



誕生月なので、12月になると、これまでに利用したことのあるオンラインショップから、割引券やらクーポンやらバースデーセールの案内やらがじゃんじゃん送られてきます。「誕生日おめでとう」が全部DMという(苦笑)。1つ年をとるだけの中年おやぢに、いったい何をどれだけ消費させようっていうんだか(苦笑)。タワレコオンラインなんて、前月の11月にクーポン送ってきましたからね(笑)。気が早いにもほどがある(苦笑)。もう、この段落、全部「苦笑」だよ(苦笑)


うれしいこともあります。たとえば、映画館によってはバーステー割引がありますね。でも、毎年、この時期は酒席やイベントが多いので、結局、ほとんど恩恵にあずかれずに終わったりするのですが……(泣)。


ちなみに、46、になります。まもなく。


これぐらいの年になると、別に誕生日といっても格別うれしいものではないし、家族以外からお祝いを言われることもないし、子どものころのようにプレゼントが楽しみなわけでもない。特別な日でもなんでもありません。43と44と45なんて、別に何も違わないし、年齢を聞かれたり記入したりする際に、あれ、いくつだったっけ、って思い出せなくなったりすることもしばしばです。それぐらい、なんというか、自分の年齢や誕生日のことに関心が薄くなっていたりします。


でも、「46」という数字はちょっと別で、個人的にいろいろ気になる年だったりするのです。敬愛してやまないある作家が、46歳で亡くなっているからです。


だから何だ、と言われたらそれまでなんですが、なんかね、気になってしまうのですよ……。気になるというか、こわいんですよね。46という年齢は。作家のほかに、身内にも46歳で亡くなった人がいます。いずれも癌。たまたま2人、例があるだけではないか。しかも、うち、一人は好きな作家というだけで、縁もゆかりもないではないか。その通りなんですが……。


別に長生きしたいとは思いません。客観的に自分と自分の生活ぶりのことを考えてみれば、この食生活と、ストレスに弱い性格と、アレルギー体質では、そもそも長生きできるはずもありません。でも、うちの小さい本好き娘が経済的に自立できるまでは簡単にいなくなるわけにはいきませんから、せめて、それまではがんばらないといけないんですけどね。


ちなみに、いつ何があってもいいように、死んだときに酔舎(よくいく吉祥寺のロックバー)でかけてもらう曲だけは決めてあります(苦笑)


最初から最後まで、「だから何なんだ」という話で、ほんと、すみません……。町本会が終わって、『本屋会議』も無事刊行され、気がゆるんでいるんだと思います……。



追記:プレゼントということで、欲しかったこの本を買ってもらいました。うれしいなあ。誕生日などどうでもいいかのようなことを書いておいてなんですが(苦笑)



ヒプノシスアーカイヴ 書影
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2361-995d4b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)