空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『本屋図鑑』の続編、『本屋会議』が夏葉社から刊行されます!【修正・更新】

この1年、「町本会」として取り組んできた成果が、いよいよ本にまとまります。(追記(11/22):書誌情報・目次など、一部、情報を修正しました。)


    『本屋会議』
    著者:本屋図鑑編集部編(空犬太郎/島田潤一郎)
    夏葉社
    並製・四六判・248ページ
    定価:1700円(税抜)
    発売日:2014年12月14日

cover_本屋会議

夏葉社の企画書から、内容紹介を引きます。《昨年刊行しました『本屋図鑑』の続編です。『本屋図鑑』では町の本屋さんの多様さ、楽しさをイラストと文章で紹介しましたが、今回の『本屋会議』では、文章のみの構成で、より深く、町の本屋さんの現在を描きます。今年1年かけて全国で開催した「町には本屋さんが必要です会議」のダイジェストを中心に、全国の町の本屋さんに、これまでの歴史といまを率直に語ってもらっています。この本の刊行を機に、書店、出版社、そして本と本屋さんを愛するお客さんの三者が、より近しい関係を築き、あたらしい未来を共有することを願っています。現場から描くことにこだわった、本屋論の総決算です。》


『本屋会議』の概要です:
1章、3章、6章 わたしの町の本屋さん
北海道から九州まで。取材した7軒の本屋さんを紹介します。
2章 町には本屋さんが必要です会議
計16回開催した「町本会」のダイジェストです。
4章 本屋さんの50年
町の本屋さんの歴史にこだわって、その移り変わりを繙きます。
6章 本屋原論
町本会の発起人の一人で往来堂書店の笈入健志さんが「本屋原論」を書き下ろします。


恵文社一乗寺店(京都)、桑畑書店(釜石)、留萌ブックセンターby三省堂書店(留萌)、今井書店(長野)、文久books(福岡)といった書店のトークイベントでの発言、店主インタビュー、訪問記などが掲載されます。


約1年におよぶ町本会活動の集大成です。町本会メンバー3人が、本屋さんへの思いのようなものをすべてこの本に注ぎ込んだ、そんな1冊になっています。たくさんの本好き本屋好きのみなさんに手にしていただけるとうれしいです。『本屋会議」、どうぞよろしくお願いします。(追記(11/23):『本屋会議』の作業に忙殺されていたため、ものすごくあっさりした紹介になってしまっていましたので、少し情報や文言を補いました。)



追記(11/23):大事なことを書き忘れてしまいました。『本屋会議』の発売は12/14ですが、12/12に東京・神保町の東京堂ホール(東京堂書店6F)で開催される『本屋会議』刊行記念イベント 「町には本屋さんが必要です会議」シンポジウムの会場で、先行販売されます。


シンポジウム当日の時点では、この会場でしか売っていない本となります。シンポジウムには、本書の書き手のうち、往来堂書店の笈入さんと夏葉社の島田さんが出演しますし、すばらしい写真を寄せてくれている写真家、キッチンミノルさんも、おそらく来てくれると思います。まとめてサインをいただけるチャンスでもあります。まだわずかに残席もあるようですので、12/12は、ぜひシンポジウムにお集まりいただければと思います。よろしくお願いします。


追記(12/5):新刊チラシの用意ができました。こちらからPDFのダウンロードができます。


honyakaigi.jpg

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/11/23(日) 02:46:54 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/11/23(日) 18:13:18 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2355-7a81d280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)