空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

大阪で本屋さん巡りをしてきましたよ

10/17、大阪の隆祥館書店で開催された町本会@大阪、無事に終了しました。トークは、立ち見のお客さんまで出る盛況ぶり、2次会は、出演者・関係者はもちろん、本の業界関係でない一般のお客さんを含むたくさんの方が参加してくださり、遅くまで大いに盛り上がりました。


翌10/18は、大阪で本屋さん巡りをしてきました。今回、回ったお店は、ちょっとのぞいただけ、みたいなのも含めると、十数店。ほぼ一日中、本屋さん「だけ」にいたことになるわけですね。いつものこととはいえ、観光らしいこともせず、名所に行くわけでもなく、グルメを楽しむでもなく……まったく何やってんだか(苦笑)。


回ったお店のリストです(隆祥館書店のみ10/17に訪問、他は10/18)


  • 隆祥館書店
  • 清風堂書店
  • 旭屋書店梅田地下街店
  • ブックスタジオ大阪店
  • 紀伊國屋書店グランフロント大阪店
  • ブックファースト梅田2階店
  • 阪急古書のまち
  • 紀伊國屋書店梅田本店
  • ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店
  • スタンダードブックストア あべの
  • TSUTAYAあべの橋店
  • 喜久屋書店阿倍野店
  • リブロ新大阪店

たくさん挙げましたが、なにしろ1日しかなかったので、このうち、じっくり時間をかけて見ることができたの4店だけ(赤字のお店)。これらについては後日、簡単な訪問レポートをまとめる予定です。


それにしても、天王寺の激変ぶりは予想以上でしたね。びっくりしました。ぼくは、かつての関西本線、現在でいう大和路線沿線に住んでいたことがあるものですから、ある時期までは、繁華街=天王寺、百貨店=天王寺の近鉄百貨店という感じでした。けっこう思い出もなじみもある街なんですが、記憶の中のそれとは完全に別の街になっていましたね。


あべのの書店といえば、昔はユーゴー書店に喜久屋書店に、というイメージでしたが、喜久屋は今も元気ですが、ユーゴーは閉店。書店地図は大きく書き換えられ、今では、半日で回りきれないほどの書店が、それも大から小まで、規模やタイプの異なる書店が共存する一大書店激戦区になっていました。次に、天王寺・あべのエリアに来る機会があったら、もう少し時間に余裕を見ておかないといけないなあと思いました。


以下、後日くわしくレポートするお店以外を、写真を中心に簡単に。


141017隆祥館141017隆祥館2

↑今回の町本会公開会議の会場、隆祥館書店。



141018新阪急ビル

↑今年2月に閉店となったブックファースト梅田店が入っていた新阪急ビル。ご覧の通り、工事中。


141018清風堂

↑清風堂書店。教育書で有名なお店ですが、他の棚もおもしろくて、音楽・映画が好きな担当の方がいるんでしょうか、とくに雑誌棚前の平積みは、いつ行っても濃くてユニーク。


141018ブックスタジオ

↑ブックスタジオ大阪店。行くたびに、なんというか、ものすごくにぎやかで派手なお店になっていっている気がします。


141018萬字屋書店1141018萬字屋書店2

↑閉店になってしまった地下街の古本屋さん、萬字屋書店。ぼくが大阪にいたころからあったお店。時期は未定ながら、阪急古書の街に移転するとの貼り紙が。


141018阪急古書の街

↑阪急古書の街。


141018ジュンクハルカス

↑ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店。以下、天王寺の書店は、後日あらためて。


141018スタンダードブックストア141018スタンダードブックストア2

↑スタンダードブックストア あべの。


141018喜久屋書店あべの

↑喜久屋書店阿倍野店。


141018リブロ新大阪141018リブロ2141018リブロ3

↑リブロ新大阪店。新大阪の書店といえば、長らくブックストア談でしたが、閉店、その後にできたのがリブロ。フロアは同じなんですが、談のときに比べると、ちょっとひっこんだ場所になっています。ここに本屋さんがあることがちゃんと認知されているかなあ、とちょっと心配になりました。写真中・右のような案内は出てはいるのですが……。


それにしても、新大阪駅もずいぶん変わりましたね。まだ工事中のところがあるので、最終的にどのような感じになるのかわかりませんが、あちこちがこぎれいになっていて驚きました。JR大阪、新大阪、天王寺……いずれも個人的には昔からななじみのある駅であり街であるのですが、行くたびにどんどん姿を変えていて、それは当たり前のことだし、大阪を離れてしまった者のただの感傷でしかないことは重々承知しているのですが、なんとなくさびしい気もしてしまいます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2341-83beb1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad