空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

魔女はどのあたりがどう魔女なのか……魔女の世界史

こんな新書を読みました。



版元の内容紹介によれば、このような本です。《19世紀末美術を魅了した「ファム・ファタル」以降、魔女は可視化され、そのイメージが爆発的に拡散された。中世魔女狩りからゴスロリ、そしてアニメまでに継続される「魔女」の遺伝子とは? 20世紀の魔女復興運動、フェミニズム、カウンターカルチャーを通過し、新たなステージへ飛翔する「魔女」論》。


副題「女神信仰からアニメまで」の通り、中世の魔女に、ゴシック・ロマンス、世紀末、フェミニズム、ネオペイガニズム、ニューエイジ、パンク、ゴス(ロリ)と、さすがは海野弘さんという感じで、取り上げられる「魔女」の事例の幅がきわめて広い。ちょっとした美術史・カルチャー史にもなっていて、とてもおもしろく読めました。


興味深い内容で、知らないことも次々に出てきて、非常に勉強にもなったのですが、一方で、ちょっと気になるところも目立ちました。あの人も魔女、この人も魔女、という感じで、一般的には魔女的な存在・イメージとはされていない人まで、魔女扱いされていたりするのですが、その女性のどのあたりがどう魔女的なのかが、やや弱いというか、断定が強引というか、説明が少ないというか、そんなふうに感じられることがしばしばありました。


たとえば、ココ・シャネル。ファッションの魔女のはしりだというのですが、その短い説明のなかに、こんなくだりがあります。《毎年新しいファッションを発表し、ドレスを変えていくのは魔女ではないだろうか》。これでは、ファッションデザイナーはみな魔女になってしまいますね(苦笑)。服装のジェンダーを取り払った云々という補足はあるのですが、それで魔女というのはちょっと弱い気もします。やはり、ココ・シャネルが魔女的な存在だというのであれば、対独協力、ナチスのスパイ疑惑などにふれてほしい気がしますし、そういうダークサイドも含めて人物評価をすべきではないかと、そんなふうに思ってしまいます。


もう1例。「魔女文学」にヘンリー・ダーガーがあげられています。ただ、ダーガー作品のどのあたりがどう魔女的なのかは、説明がありません。《少女たちが奴隷解放のために大人との大戦争を繰り広げるとてつもない物語》と内容の説明はありますが、魔女文学として紹介するのであれば、絶対にふれておくべきであろうヴィヴィアン・ガールズという名称さえ紹介されません。また、戦う主人公少女たちがしばしば裸であることや、少女たちが残虐な仕打ちに合い、殺されてしまったりすることにも言及がなく(《血を流して倒れていく》とあるのみです)、ペニスを持つ少女が描かれていることがあることにもふれられていない。魔女との関連を云々するならば必ずふれなくてはならないことのように思えるのですが、いくら短文での紹介とはいえ、これらの要素を避けるかのような書き方でダーガー作品を説明するのはちょっと不自然な気もします。



とにかく、魔女だ、と断定して話を進めていくような、ちょっとイメージ先行というかことば先行な感じがあちこちに見られる印象を受けました。《〈ゴス〉のストックにアーカイヴされていた〈魔女〉たちが呼び出され、世界中に魔女の宅急便を送り出すことになった》なんてくだりがあるのですが、こうなると、正直なところ、何も言ってないに等しい感じがしないでもありません。「魔女の宅急便」を云々だなんて、単なる言葉遊びでしかなく、どういうことが言いたいのか、まったくわからないからです(部分を抜き出しているからわからないのではなく、前後を読んでもわかりません)


副題に「女神信仰からアニメまで」とありますが、女神信仰や美術関連が詳細なのに比べると、アニメ関連は、先行書がいくつもあるからでしょうか、単に著者の関心の程度の問題なのか、非常に手薄です。巻末の数頁の扱いで、《誰でも魔女になれる時代の表現である》といった、いくらなんでもそれは大ざっぱに過ぎるのでは、といったまとめ方が見られたりもします。


せっかく題材や切り口がおもしろいのに、こうした書き方というか扱い方というかが、あちこちで気になってしまったのが、やや残念でした。ただ、えらそうにここが気になるあそこがどうだ、などと書きましたが、最初に書きました通り、本としては、「魔女」のイメージが非常にコンパクトに歴史・カルチャー史の流れの中でまとめられていて、おもしろく読めます。このテーマに興味のある方、海野弘さんの読者の方は、ぜひ手にとられるといいと思います。参考までに、書評も1つあげておきます。「魔女の世界史 女神信仰からアニメまで」(9/12 週刊朝日「新書の小径」)。


海野弘さんの新書と言えば、『魔女』を先に読んでしまったので途中になっているのですが、『1914年』(平凡社新書)も読んでいるところです。こちらは、「100年前から今を考える」という副題の通り、《第一次世界大戦が始まった1914年は国際面だけでなく様々な文脈において時代の転換点だった。100年前の世界と日本を検証する》という内容の1冊で、とくに魔女や女性史と直接関連のあるものではないのですが、目次を見ると、こちらにも「少女趣味の時代」「ジェンダーとセックス」といった、先の『魔女』新書と通じると言えなくもない章・記述があったりするのがおもしろいですね。


こちらは、全国紙の書評にも取り上げられていますから、そちらをあげておくにとどめます。『1914年』(7/8 読売新聞)。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2331-56692fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad