空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

町本会公開会議、第14弾は海文堂書店の100周年記念イベントです【更新】

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第14弾が決まりました。詳細は町本会blogにもアップされますが、空犬通信でもご案内しておきます。今回のイベントは、昨年、多くの本好き本屋好きに惜しまれながら閉店となってしまった、神戸・元町の老舗、海文堂書店の“100周年”記念イベント兼町本会公開会議となります。


    「町には本屋さんが必要です会議」Vol.14@恵比寿
    〜海文堂書店100年。あらためて元町の本屋さんから考える〜

    日時:2014年9月26日(金)
    OPEN 19:00 START 19:30(〜21:30)
    会場:amu(アム)(東京・恵比寿)
    http://www.a-m-u.jp/
    東京都渋谷区恵比寿西1-17-2  TEL 03-5725-0145
    出演:福岡宏泰(元海文堂書店店長)・石阪吾郎(くとうてん)
    司会:島田潤一郎(夏葉社)
    会費:1500円(1ドリンク付)
    主催:町本会
    協力:フィルムアート社

トークは、2部構成を予定しています。前半は、キッチンミノルさんによる海文堂書店の写真のスライド上映と海文堂書店についてのトーク。キッチンミノルさんは、海文堂書店の閉店前の姿をとらえた写真集『海文堂書店の8月7日と8月17日』(夏葉社)の写真を担当した方。写真集は海文堂書店だけで販売されたもので、完売、重版の予定もない本です。関東では、実物を目にしたことすらないという方も多いでしょう。今回は、海文堂書店の写真をまとめて目にすることのできる貴重な機会となります。


写真の解説とトークは、海文堂書店閉店時の店長、福岡宏泰さん。そして、海文堂書店とも縁の深い、『ほんまに』の発行元くとうてんの石阪吾郎さん、そして、写真集の発行元で、最終日には自ら店頭に立って本の販売もした夏葉社の島田さん。海文堂書店の写真を見ながらお店について話すのに、これ以上のメンバーはいないでしょう。


トークは、閉店してしまった本屋さんの写真を見ながら在りし日をなつかしむといった、そのような茶飲み話にするつもりはありません。海文堂書店がどのようなお店だったのか、そして、名店と言われたお店の閉店から何を学びとればいいのか、このような名店が地域から失われないようにするにはどのようにすればいいのか。町の本屋さんの未来につながるトークにしたいと考えています。


後半は、町本会公開会議です。町本会の活動開始のきっかけは、実は海文堂書店の閉店にあります。その意味で、海文堂書店は、町本会にとっても、非常に重要な存在です。海文堂書店の閉店と、地域や業界への影響について話します。


今年1月に『ほんまに』Vol.15が刊行されました。特集は「新刊書店と本の話 海文堂書店閉店に思う」。公式サイトによれば、《発売から3ヶ月でなんと!!「ほんまにVOL.15」の増刷が決まりました。雑誌なので増刷は考えていなかったのですが、多くの方からの要望もあり、急遽増刷を決定いたしました》とのことですので、このイベントに興味を持ってくださった方で、同誌を未読の方は、ぜひこの機に、『ほんまに』Vol.15を手にとってみてください。当日のトークがいっそう興味深いものになること必至です。


まだ公式サイトにも案内が出ていないので、くわしいことは書けませんが、8月下旬には、次号、Vol.16が刊行されます。当日、会場でも販売予定です。Vol.16には、海文堂書店の閉店と、町本会が立ち上がるまでの経緯を、わたくし空犬が寄稿させていただきました。トークの内容とも関連しますので、こちらもぜひお読みいただければと思います。


予約は、8/8(金)からメールにて受付開始となります。メールの件名を「海文堂書店 トーク申し込み」とし、「お名前」「お電話番号」をかならずご記入のうえ、「info●natsuhasha.com」(●をアットマークに書き換えてください)までメールにてお申し込みください。


たくさんの本好き本屋さん好きのみなさんのご参加を、関係者一同お待ちしております。



追記(8/13):町本会blog、会場のamuのサイトにも告知がアップされました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2301-9b258216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad